[ 問題 ]


子どもとの生活では、毎日同じことを言わなければならないことが多いと思います。
「手洗いうがいするのよ」「おもちゃ片づけて」「宿題やるのよ」「明日の支度しなさい」「もう寝る時間よ」などです。
それについてあなたはどう感じますか?


A.毎日同じことを言わなければならないのは苦痛だ

B.毎日同じことを言うのも楽しい

C.毎日同じことを言っても平気だ









診断結果



Aを選んだ人:×

苦痛に感じていると、子どもに言う言葉がきつくなります。
「また○○してない!」「何で○○しないの!」「あんたはいつもどうのこうの…」「今度○○しないと□□だよ」などの言葉が多くなるのです。



Bを選んだ人:◎

こういう気持ちでいることが大切です。
どうせ同じことを言うなら、それを楽しむくらいのゆとりが欲しいものです。



Cを選んだ人:○

苦痛に感じるよりいいですが、もう一歩進んで楽しむくらいの気持ちでやってみましょう。


ポイント


子どもができないことについては、やりやすいように合理的な工夫をすることが大切です。そして、少しずつできるようにしていくことが大切です。


でも、実際問題なかなかできるようにならないことも多いものです。
それが現実です。
そういう場合は言葉で指示することになります。


その際大切なのは、否定的かつ感情的な言い方をしないことです。
そういう言い方は、百害あって一利なしです。
どうせなら、肯定的で明るく楽しい言い方にしましょう。


「自分で起きられないなんてだらしがない」ではなく「さあ、今日もいい天気だよ。後10秒で起きないとくすぐるよ」です。
「また片づけてない。どんどん片づけなきゃダメでしょ」ではなく「さあ、片づけて気持ちいい部屋にしよう。用意、ドン」です。


肯定的で明るく楽しくが無理なら、せめて単純型で言いましょう。
「さあ、起きて起きて」「じゃあ、今から片づけスタート」です。
そのとき、ああだこうだと余分なことを否定的かつ感情的に言わないことが大切です。


子どもとの生活では、どうせ同じことを何回も何回も言うことになるのです。
それが普通であり、それでいいのです。
子育てとは、もともとそういうものなのです。


ですから、それを楽しみましょう。
子どもとの日々のやりとり自体を楽しみましょう。
同じことを言うのでも、言い方によってずいぶん違います。
言う方も言われる方も気持ちのいい言い方、それがベストです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ