[ 問題 ]


鈴木さんの家の小1の子は、いつもリビングで宿題をやっています。
それを見た親戚の佐藤さんが、「小さいときから、静かな部屋で机に向かって1人で勉強する習慣をつけた方がいいよ」と言いました。


あなたの考えはどれですか?


A.小さいときから、子ども部屋で1人で集中して勉強する習慣をつけた方がいい

B.子ども部屋でずっと、つきっきりで勉強を見てやるのが親の義務だ

C.小さいときは、ダイニングやリビングなどのテーブルで勉強してもいい









診断結果



Aを選んだ人:△

小さい子は、部屋に1人でいると不安でかえって勉強に集中できないことが多いものです。



Bを選んだ人:×

そこまでする必要はありません。



Cを選んだ人:◎

小さい子は、親や家族の気配がするところの方が安心して勉強に集中できます。


ポイント


大人であるみなさんはもう忘れているかも知れませんが、子どものときはほんのちょっとしたことが恐いものです。
風でドアがきしんだり窓の外の木が揺れたりするだけで、何かいるんじゃないかとか不安になることもあります。


ですから、静かすぎる部屋で1人で勉強するより、親や家族の気配がするところの方が安心して集中できるのです。


それに、親が近くにいれば、分からないところをすぐ教えてあげることもできます。
勉強したものをすぐ見て丸付けをしたり、ほめてあげたりすることもできます。


もちろん、テレビなどの音は消した方がいいでしょう。
ちょっとした衝立(ついたて)で仕切って、集中しやすい空間をつくるのもいいと思います。


ところで、よく「机に向かう習慣をつけることが大切」といわれます。
それは事実ですが、「机に向かう」は慣用表現だということを理解していてください。


つまり、「机に向かう」というのは、本、教科書、ノート、問題集、ワークブックなどで知的な作業をすることを指しているわけです。
ですから、文字通り机に向かっていなくても、テーブルでもいいわけです。
ときには寝そべってやっていてもいいのです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ