[ 問題 ]


佐藤さんが「うちでは、歯磨きができたらがんばり表にかわいいシールを貼るのよ」と言いました。
すると、鈴木さんが「何かやったら何かもらえる、という発想になっちゃうからよくないんじゃないの?」と言いました。
すると、田中さんが「どうせならもっといい物やお金の方が効果的では?」と言いました。

あなたはどう考えますか?


A.シールは使い方次第で有効

B.シールはあげない方がいい

C.シールより物やお金の方が効果的









診断結果



Aを選んだ人:◎

シールを貼っていくのは、花丸をつけたりスタンプを押したりするのと同じ意味があります。
がんばった「印(しるし)」や「証(あかし)」としてのものであり、達成感を持たせ意欲を高めることにつながります。



Bを選んだ人:△

がんばった「印(しるし)」や「証(あかし)」としてシールを貼っていくのは、物欲や金銭欲で釣るのと意味が違います。



Cを選んだ人:×

子どものやる気を物欲や金銭欲で釣っていると、子どもの価値観がゆがみます。


ポイント


親の中には「書き取りを1ヶ月がんばったらぬいぐるみを買ってあげる」「テストで100点取ったら100円あげる」「お風呂洗いを2週間続けたらおもちゃを買ってあげる」などのように、何でも物やお金で釣る人が実際にいます。


このように金銭欲や物欲で釣ると、お金や物を得ることが目的になってしまいます。
すると、勉強することの楽しさ、努力してできるようになることの喜び、人の役に立つ仕事をする充実感などが味わえなくなってしまいます。


それが続くと、物事自体の喜びや大切さがわからなくなり、全てをお金や物で量るようになります。
実際、「○○したら何がもらえる?」という意識が強い子はいるのです。


でも、がんばり表にシールを貼るというのは、これとは違う意味があります。それは、がんばったことの「印(しるし)」や「証(あかし)」としてシールを貼っていくのであり、シールその物への物欲で釣っているわけではありません(注1)。
いわば、花丸を書いてもらったりスタンプを打ってもらったりするのと同じです。


実際、がんばり表にシールを貼っていくとき、子どもたちはシール自体が欲しいのではなく、がんばった証としてシールを貼りたいという心理状態でいるのです。
もし、これが違う心理状態になっているとしたら、つまりシール自体が欲しいという気持ちが非常に強いということだとまずいわけです。


同じくシールでも、「○○したらシールセットをあげる」というのは物欲で釣ることになります。


(注1:もちろん、シールその物への物欲が全くゼロということではないかも知れません何パーセントかはあるかも知れません。人間の気持ちは常にはっきり分けられるものではありませんから。でも、そちらがメインにならないことが大切です)。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ