[ 問題 ]


ママ友達が言いました。
「社会の現実は厳しいので、家庭でも厳しく育てる方がいいよ。子どものうちから厳しく叱られて育てば、会社で叱られてもビクともしなくなるわよ。大人になればほめられることなんかないんだから、子どものときあまりほめて温室育ちにするのは考えものよ」。


あなたはどう考えますか?


A.いやいや、子どもにとって家庭は温室でいい

B.その通り、ほめるのはやめて叱って育てよう

C.その通り、ほめすぎの親はほめることを減らして叱ることを増やそう









診断結果



Aを選んだ人:◎

温かい家庭で育った人は自分に自信を持てるようになり(自己肯定感)、他人を信頼できるようになります(他者信頼感)。
会社で叱られても自分と相手を信頼して立ち直ることができるのです。



Bを選んだ人:×

叱られて育つと自己肯定感と他者信頼感が持てなくなります。
そういう人は、会社で叱られたり、挫折したりしたときも立ち直りにくくなります。



Cを選んだ人:×

Bと同じです。


ポイント


確かに、社会の現実は家庭より厳しいものです。
では、そのような厳しい社会でがんばれる人、失敗や挫折や他者からの叱責にもめげずにそれを乗り越えられる人、それはどういう人でしょうか?
それは自己肯定感と他者信頼感がある人です。


自己肯定感がある人は、失敗や挫折に際しても「自分はできる」という自信があるのでがんばれます。
自己肯定感がない人は、「自分はやはりダメだ」と思い込んでしまいます。


他者信頼感がある人は、他者から叱責されても、人を信頼する気持ちがあるのでがんばれます。
他者信頼感がない人は、「自分は受け入れられていないのではないか?自分は嫌われているのではないか?」と思い込んでしまいます。


「子どもの頃から叱られて育った人は、叱られ慣れているから心が強い」とか、ほめられて育った人は、大人になってほめられなくなるとがんばれなくなる」などというのは迷信です。


大事なのは、子どものころから自己肯定感と他者信頼感が持てるようにしてあげることです。
これが人間の全ての土台です。


もちろん例外はあります。
つまり、親によって自己肯定感や他者信頼感を損なわれた人が、大人になってから本人の自覚的な努力によってそれを乗り越えてがんばることもあります。
でも、それは親が最初から目指す方向であるはずがありません。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ