[ 問題 ]


子どもが深刻な顔で「このごろスポ少のコーチに怒られてばかり…。嫌われてるのかも」と打ち明けてくれました。
あなたは、まず何と言いますか?


A.あなたがしっかりやらないからでしょ。もっとがんばって練習しなさい

B.それはつらいね。怒られるのは嫌だよね

C.だいじょうぶ、心配ないよ。がんばって練習すればほめてくれるよ









診断結果



Aを選んだ人:×

親にまで否定されては、子どもはますます悩むばかりです。



Bを選んだ人:◎

まずは、子どものつらい気持ちに共感してあげることが大切です。
そうすれば、子どもはたくさん話すことができます。
そして、それもたっぷり共感的に聞いてあげましょう。



Cを選んだ人:△

人が落ち込んでいるとき、すぐ励ましたりアドバイスしたりするとうまくいかないことがあります。
相手は、「自分がどんなにつらいかわかってもらえていないようだ」とか「お説教された」などど感じることがあるからです。
励ましやアドバイスの前に、共感的に聞くことが大切です。



ポイント


子どもにもいろいろな悩みがあります。
親が子どもの悩みを共感的に聞いてあげると、子どもはたっぷり話すことができます。
そうすると、いいことがたくさんあります。


まず、溜め込んでいたものを吐き出すことで、子どもは心がすっきりします。
ときには、それだけで解決に向かうこともあります。


そうでない場合も、子どもの本音をたっぷり聞くことで何が本当の問題かがはっきり見えてきます。
それによって、どういう対応をしたらいいかとか、どういうアドバイスをしたらいいかなどがわかってきます。
本当の問題がはっきり見えないと、適切な対応やアドバイスができません。


ほとんどの場合、子どもへのアドバイスや励ましは、たっぷり共感的に聞いてあげた後の方がいいでしょう。
人は誰でも、共感的に聞いてくれて自分のことを受け入れてくれた人には大きな信頼感を持つものです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ