[ 問題 ]


小学生の子がよく忘れ物をします。
昨日は体育着を忘れ、今日は国語辞典を忘れました。
あなたが親ならどうしますか?


A.忘れ物をして本人が困ればしっかりするだろう。だから、放っておく

B.忘れ物をしないことの大切さを丁寧に説明する

C.持ち物一覧表や持ち物コーナーなどの工夫をする









診断結果



Aを選んだ人:×

このような自業自得方式によって、子どもの忘れ物が減ることは絶対にありません。
子どもは、ますます忘れ物が増えて自信を失います。
また、何の手助けもしてくれない親に対する愛情不信が抑えがたく出てきます。



Bを選んだ人:△

これだけでは、子どもの忘れ物は減りません。



Cを選んだ人:◎

子どもの忘れ物を減らすためには、合理的な工夫をして忘れ物が減る環境とシステムを作ることが大切です。
そして、少しでも忘れ物が減ってきたら大いにほめてあげましょう。


ポイント


親の手助けによって、次のような忘れ物が減る環境とシステムを作ると効果的です。 


1.持ち物一覧表、持ち物チェックリスト、持ち物集合写真

国語で使う教科書、ノート、漢字ドリル、書き取りノート、国語辞典、朗読詩集などの一覧表やチェックリストを作っておくといいでしょう。
それらを全部一緒に写した持ち物集合写真なら、さらにわかりやすくなります。


2.持ち物コーナー

物があちこちに置いてあると、忘れ物をしやすくなります。
持ち物コーナーをつくって、学校に持っていく可能性のある物は1箇所か2箇所に集めるといいでしょう。


3.不要な物は整理する

物が多いと、必要な物を選ぶのがたいへんです。
余分な物は片づけたり処分したりすることも大切です。
たとえば、本棚に去年の教科書と今年の教科書が一緒になっていたりしないようにしましょう。


4.予定帳の確認

親も、夕食前や寝る前などに、子どもの予定帳を必ず見るようにするといいでしょう。
持ち物の確認と同時に、今勉強している内容もわかるので一石二鳥です。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ