[ 問題 ]


夕飯の仕度の真っ最中に、小1の子が自分で描いた絵を持ってきて「見て見て」と言いました。
あなたはどうしますか?


A.「今忙しいのが見えないの?自分のことばかり考えないで」と言う

B.「後でね」と言って、少しがまんさせる。その後、待てたことをほめてじっくり見てあげる

C.ちょっとだけでもすぐ見てあげる









診断結果



Aを選んだ人:×

このように、自分の気持ちを受け入れてもらえないことが多いと、子どもは「自分は大切にされていない。
愛されていないのかも」と感じるようになります。



Bを選んだ人:△

子どもは熱しやすく冷めやすいものです。
気持ちが冷めてから見てもらっても、それほどうれしくないことが多いものです。



Cを選んだ人:◎

子どもの熱い気持ちを受け入れて、短時間でもいいのですぐ対応してあげることが大切です。
それで、子どもの気持ちは満たされます。
それが、「自分は大切にしてもらえている。愛されている」という安心感と信頼感につながります。


ポイント


親にAの対応が多いと、子どもは「親に愛されていないのかも」という不安感と不信感を持つようになります。
それで、親の愛情を確かめる行動に出ます。


たとえば、「○○買って、買って」と泣きわめいて譲らないという行動です。
買ってもらうことで自分が大切にされているという確信を得たいのです。
買ってもらうことが愛されていると証拠だと、無意識のうちに感じているので、ここは譲れないのです。


また、たとえば、敢えて危ないことや禁じられていることをやるという行動もそうです。
これによって親の注意を引くことができれば、そして、困らせたり心配させたりすることができれば、自分が愛されているという確信を得られるわけです。


Cの対応が多い親なら、子どもは親の愛を信頼しています。
ですから、わがままを言ったり危ないことや禁じられていることをしたりする必要もないのです。


このような心の動きについては、子ども自身も気づいていません。
無意識の部分に不安感と不信感があると、それが子どもを突き動かします。
ですから、子どもを叱ったり理屈でわからせようとしても、効果がないどころか逆効果になるだけです。


子どもの不安感と不信感を取り除いて、親に愛されているという確信を持てるようにしてあげれば、そのような行動はなくなります。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ