[ 問題 ]


久しぶりに見た子どもの予定帳の字がすごく雑でした。
あなたならどうしますか?


A:上手な字に丸をつけてほめる

B:全部書き直させる

C:雑な字だけ書き直させる









診断結果



Aを選んだ人:◎

こういうときは、ほめられる部分を見つけてほめるのが効果的です。
全体的にはひどくても、中には偶然うまく書けている字もあるはずです。
そして、それを毎日続ければ、日増しにほめられる字が増えていきます。



Bを選んだ人:×

いつも放っておいて、突発的に強く激しい「指導」をしても効果はありません。
このような場当たり的な対応は真の厳しさではありません。



Cを選んだ人:△

このやり方よりも、Aのやり方の方が子どもの前向きなやる気を引き出すことができます。


ポイント


こういうとき、親はすぐ頭に来て子どもを叱りつけてしまいがちです。
そして、激しい言葉で子どもを責めたり、全部書き直させたりするのが厳しさだと勘違いしているひともいます。


でも、そういうやり方で子どもの前向きなやる気を引き出すことは絶対にできません。


親は、まず、自分がそれについて何もテコ入れしていなかったことを自覚するべきです。
そして、どうしたらそれを改善できるか考えて、合理的な工夫や作戦を実行することが大切です。


私のオススメの作戦は、「取り敢えずほめられる部分をほめる」ことです。
これを、毎日続ければ、「字を丁寧に書きなさい」などとひと言も言わなくても、だんだん丁寧に書くようになります。


成否は、ひとえに「ほめ続けられるか。見届けを続けられるか」に掛かっています。
それを続けることが、本当の厳しさというものです。
厳しさとは、感情的に子どもを叱りつけたり突発的に強く激しい対応をすることではないのです。


これらのことは、字のことだけでなく、すべてのことに当てはまります。
いろいろな場面で応用してください。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ