[ 問題 ]


Aさんは、子どもを連れて親戚の家に来ています。
そして、お昼を食べ終わったとき、急用を思い出しました。
なんと今日は、子どもが毎年楽しみにしている「わくわく夏休み子どもキャンプ」の申込締め切り日だったのです。
急いで帰って、子どもと一緒に役所に行って申し込まないと間に合いません。
従兄弟と遊んでいた子どもは、「え~っ!もっと従兄弟と遊びたい」と言いました。


もし、あなたなら、こういうときどう言うと思いますか?


A.「あなたのためだから、しょうがないでしょ」と言う

B.「忘れてて、ごめん」と言う

C.「忘れててごめん。でも、あなたも忘れてたでしょ」と言う









診断結果



Aを選んだ人:×

自分の失敗を棚に上げて「あなたのためだから」と言っても、子どもは納得できません。
親がこういう言い方をしていると、子どもも見習うようになります。



Bを選んだ人:◎

素直に自分の非を認めて謝れば、子どもも許してくれます。
また、そういう姿勢を子どもも見習うようになります。



Cを選んだ人:×

これでは謝ったことになりません。
謝るときは、素直に謝ることが大事です。


ポイント


親の中には、素直に子どもに謝れない人がけっこういます。
また、たとえ形の上では謝っても、Cのようになんとかして1本取り返さないと気が済まないという人は多いと思います。
これは、自分の方が「上」だという意識があるからです。


同じようなことは至るところで見られます。
部下に謝れない上司、子どもに謝れない先生、店員に謝れない客などです。
夫婦間で見られることもあります。


謝ることで上下関係が崩れる、権威が失墜する、自分の立場が弱くなって損をする、などと感じているのです。
はっきり意識していなくても、無意識のうちにそう感じているのです。


でも、立場の違いや上下関係にこだわる前に、お互い一人の人間同士だということを忘れてはいけません。


自分に非があるときは素直に認めて謝る、これが一人の人間としてあるべき姿です。
そういう姿は、かえってその人の人間としての器の大きさを感じさせてくれるものです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ