[ 問題 ]


子どもが、学校で描いた絵を持ち帰って言いました。
「○○ちゃんがオレの絵を見て、『下手だね』って言った。オレ、絵が下手だからイヤになる」
と言いました。
たしかに、そう言われても仕方のないような絵に見えます。
あなたなら、何と言いますか?


A.絵が下手だと悲しいね。お母さんも下手だから、その気持ちよくわかるよ。

B.絵が下手でも、算数が得意だからいいじゃない。

C.そんなこと言われるとイヤだよね。
 でも、たくさんの色が使ってあって楽しい感じでいいじゃない。









診断結果



Aを選んだ人:×

これでは、親が「あなたは絵が下手だ」と決めつけていることになります。
その子は、ずっと「自分は絵が下手だ」と思い込んでしまうかもしれません。



Bを選んだ人:△

Aと同じです。
これでは、親が「あなたは算数は得意だけど、絵は下手だ」と決めつけていることになります。



Cを選んだ人:◎

こういうときは、子どもの気持ちに共感しつつも、希望を持たせる言い方が大事です。
全体的にはうまくなくても、いい部分を見つけ出してほめてやってください。


ポイント


何事でも、いい結果が出ないときはあります。
勉強、スポーツ、習い事、生活習慣など、すべてにおいてそうです。


そういうとき、まず大切なのは、落ち込んでいる人の気持ちに寄り添い共感してやることです。
でも、いくら共感が大切だからといっても、AやBのように可能性を否定してしまってはいけません。


Cのように、共感しつつも希望が持てるようにしてやることが大切です。
そして、その場合は、「部分」や「過程」をほめるといいでしょう。


「部分」とは、「その中でいい部分」や「自分なりに成長した部分」などです。
「過程」とは「努力の過程」、つまりがんばったことです。


なお、一般的な話になりますが、本人の落ち込みが非常に激しいときは、とくに共感を最優先してください。
そういうときは、希望や可能性はいきなり出さずに、様子を見ながら小出しにするといいでしょう。
共感よりも希望や可能性を優先すると、本人は「自分がこんなに苦しんでいるのを、わかってもらえていない」と感じてしまうからです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ