[ 問題 ]


子どもの習い事を決めるとき、あなたは次のどれに近いですか?


A.子どもの苦手を直すためにやる

B.子どもの好きなことや向いていることをやらせる

C.将来のことを考えて親がやらせたいことをやらせる









診断結果



Aを選んだ人:△

これだとイヤイヤ始めることになりますし、なかなか上達もしません。
大人に叱られることが増えて自信をなくすこともあり得ます。
でも、大人の接し方によってはうまくいくこともあります。



Bを選んだ人:◎

これなら子どもは進んでがんばりますし、うまくもなります。
親や指導者にほめられる機会も増えます。
それで、自分に自信が持てるようになれば、苦手なこともがんばれるようになるのです。



Cを選んだ人:×

子どもの興味関心や向き不向きを考えないで、親の考えだけで決めるとろくなことはありません。


ポイント


Aは、たとえば、「大人しい性格を直すために武道をやらせる」「運動が苦手だからサッカーをやらせる」などです。
たまにうまくいくこともありますが、うまくいかないことが多いのも確かです。
つまり、リスクが高いのです。


それでも敢えてやる場合は、他の子と比べたり上達を望みすぎたりしないで、温かい目で見守ることが大切です。
そうすれば、「運動が苦手だった子がサッカーをやり始めてから運動が好きになった」というようになることもあります。


Bは、たとえば、「絵が好きなので絵を習わせる」などです。
もともと本人が好きで、しかも向いているものをやるので、ほとんどノーリスクと考えていいと思います。


Cは、たとえば、「将来プロゴルファーにしたいからゴルフをやらせる」などです。
その成功例がマスコミなどで喧伝されていますが、その陰にその何百倍もの失敗例があるのです。


子どもの心が大きく傷ついてしまった、子どもが親を恨むようになった、親子関係が崩壊した…。表に出てこないところで、こういう例がたくさんあるのです。


もちろん、「子どもに向いていそうなので、親のリードで本人のやる気を引き出してみる」ということはあっていいと思います。
でも、無理強いはいけません。
親の思い込みだけが先走ると、決して子どものためにはならないのです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ