「佐賀のがばいばあちゃん」(島田洋七著)の中にこういう逸話があります。
著者で漫才師の島田洋七さんは子どものころ勉強ができませんでした。
あるとき、1や2ばかり並んだ成績表を見せたとき、おばあちゃんが「足せば5になるだろ、人生は総合力」と言ってくれました。


洋七さんはこの言葉で救われました。
子どもを思いやる大人の優しいひと言が、どれだけ子どもの力になるかわかりません。
前回は「子どもに言ってはいけない言葉。親に言われて傷ついた言葉」を紹介しましたが、今回は逆に「大人に言われて救われた言葉」を紹介します。


50代女性・Fさんのお話。


夏休みに子ども会のイベントで「宿題お助け教室」があり、私は、そこで友達と一緒に算数の宿題をやっていました。
でも、その友達はどんどん問題が解けたのに、算数が苦手な私はなかなか進みませんでした。


私が「あ~、私、頭が悪くてイヤになる」と言ったら、近くにいた母親が、「あんたはお裁縫が得意じゃない。お裁縫なら誰もあんたに適わんよ」と言ってくれました。
すごくうれしくて、未だに思い出すとあたたかい気持ちになります。


40代女性・Dさんのお話。


私の父親は毎日帰りが遅くて、私は母親と弟と3人で過ごすことが多かったです。
ある日、3人で夕食を食べていたとき、母親がぽつりと「あなたがいてくれて救われるよ」と言いました。
なぜそう言ったのかなど、その前後は忘れましたが、「お母さんと弟のために、私もがんばらなきゃ」と思ったことを覚えています。


50代男性・Jさんのお話。


子どものころ先生が家庭訪問に来たのですが、「この子は授業中の手いたずらが多くて困る」「人の話を聞いてない」「だらしがなくて片づけができない」など、私の悪口ばかり言い始めました。
私と母親は恐縮して聞いているしかありませんでしたが、とつぜん襖が開いて隣の部屋から祖母が入ってきました。


そして、「あんたに何がわかる。あんたなんかにこの子の良さはわからん」と言い放ちました。
先生はきょとんとするばかり。
母親はますます恐縮して謝っていましたが、私は気持ちがすっきりして、祖母のことがますます好きになりました。


30代男性・Aさんのお話。


中学生のとき、社会の授業で友達が「国会でシュショーを選びます」とか言ったときに、私は「シュショーって何?」と聞きました。
それを聞いて、クラスの誰かが「首相って総理大臣のことじゃん。そんなのも知らないの?」と言ったので、私はしまったと思いました。


すると、先生が「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥。○○君は向上心があって偉い」と言ってくれました。
これはうれしかったです。

つづく
学研キッズネット

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ