[ 問題 ]


レスリングを習っている小学1年生の息子が、ちびっ子レスリング大会の試合で負けて大泣きしています。
あなたならどうしますか?


A.たっぷり泣かせてやってから、「どうしたら勝てると思う?」と言って考えさせる

B.泣くのをやめさせて、「今度がんばればいい」と励ます

C.泣くのをやめさせて、「なぜ負けたと思う?」と言って考えさせる









診断結果



Aを選んだ人:◎

泣きたいときは、たっぷり泣くことで気持ちがすっきりします。
その後で、「どうしたら勝てると思う?」という前向きな聞き方で考えさせることが大事です。
この順番なら、うまく気持ちを切り替えて、次に向けてがんばれるのです。



Bを選んだ人:△

泣きたい気持ちを抑えつけてしまうと、気持ちがいつまでもすっきりしません。



Cを選んだ人:×

Bと同じで、気持ちがいつまでもすっきりしません。
さらに、「なぜ負けたと思う?」だと、「弱いから」「練習しないから」などのマイナスの答になります。
プロの反省ならこれもいいでしょうが、子どもの場合はAのように前向きな聞き方の方がいいのです。


ポイント


大人は、子どもが泣いているとすぐに止めたがります。
というより、子どもだけでなく、大人が泣いているときもすぐに止めたがる人が多いようです。


みんな、「泣くな、泣くな」「泣かない、泣かない」「泣いてるとみっともないよ」「強い子は泣かないよ」「強い、強い」「平気、平気」「笑って、笑って」などと言って、止めたがります。


「泣いていいんだよ」「泣いちゃえ、泣いちゃえ」「思い切り泣きな」「悲しいね、悲しいね」「悔しいね、悔しいね」などと言って、泣くのをすすめる人はまずいません。


それは、相手のことを思って、慰めてやりたいからだと思います。
でも、それがかえって相手のためにならないこともあるのです。
というのも、泣きたいときにそれを抑えてしまうと、抑えられたストレスがそのまま心の内側にたまってしまうからです。


悲しい気持ち、悔しい気持ち、惨めな気持ち、辛い気持ち、そういう強い感情がおそったときは、泣くことで発散した方が精神衛生上いいのです。
人間は、もともとそうするようにできているのです。
そのために、泣くという能力が備わっているのです。


それをしないで、強い感情を抑え込んでいると、それはいろいろなところに形を変えて出るようになります。
例えば、不安、イライラ、怒り、攻撃、無気力、自己否定、などなどです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ