[ 問題 ]


子どもが宿題の計算プリントをやっているのですが、集中しないでダラダラやっています。
あなたならどうしますか?


A.「なぜ集中できないの?」と聞いて考えさせる

B.「何分でできるかな。用意、ドン」と言って、ストップウォッチで計ってやる

C.「集中力、集中力」と言って励ます









診断結果



Aを選んだ人:×

「なぜ集中できないの?」と聞かれても、子どもには分かりませんし、答えようがありません。
そして、子どもが苦しまぎれに言った答えに、親が怒り出すこともよくあることです。



Bを選んだ人:◎

タイムを計ることには、一種のゲーム的な要素があります。
それで、子どもの挑戦意欲を刺激することができるのです。



Cを選んだ人:◎

このような励ましは有効です。
こういうとき、つい「集中してやりなさい!」と叱ってしまう人も多いのですが、それだと子どもはよけいやる気がなくなります。
叱るのではなく、明るくポジティブに励ましてやった方がいいのです。


ポイント


場合によっては、「なぜ」と聞いて子どもに考えさせることが有効なこともあります。
例えば、テストでうっかりミスが多かった理由を考えさせれば、「見直しをしなかったから」ということが分かります。
そうすれば当然、「次からはしっかり見直しをしよう」という気持ちになります。


でも、「なぜ」と聞いて子どもに答えさせようとしても、意味のないものもあるのです。
例えば、「なぜ集中できないの?」「なぜ片付けないの?」「なぜやるべき事を先にやらないの?」などです。


これらは、答えようのない質問なのです。
大人が聞かれても、うまく答えられないはずです。


子どもは当然答えられないので、黙ってしまいます。
それでも、無理に答えさせると、「やる気がないから」とか「面倒だから」という答えにならざるを得ません。
中には、それを聞いて切れてしまう親もいます。


そして、多くの場合、「なぜ?」という言葉が、本当に問題を解決させるためというより、ただ詰問して親のイライラを発散させるために使われているようです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ