[ 問題 ]


わが子は漢字が苦手なので、夏休みに取り戻したいと思います。
あなたならどうしますか?


A.毎日書き取りを2ページずつやる

B.テストする漢字を決めておき、書き取りをした後でテストをする

C.漢字の問題集をやる









診断結果



Aを選んだ人:×

ただ書き取りをするだけだと、漢字は意外に覚えられないものです。
特に、漢字の勉強に興味がない子は、「覚えたい」という気持ちがないのでただ機械的に写すだけになりがちです。
これは子どもにとってかなり苦痛な作業です。
それを毎日2ページとなると、よけいに漢字が嫌いになってしまう可能性があります。



Bを選んだ人:◎

「今日はこの5つの漢字を練習して、後でミニテストしよう」というやり方だと、子どもに目的意識を持たせることができます。
その際、毎回必ず100点が取れるようにしてやることがとても大切です。

そのためには、最初はハードルを低くすることや、練習中に間違えている漢字を見つけて教えてやることが必要です。
そして点数を記録していき、連続100点の記録更新が楽しみになるようにしてやるといいでしょう。
子どもは大いに燃えます。



Cを選んだ人:○

目先を変えて漢字の問題集をやらせてみると、子どもが前向きに取り組む場合もあります。
ただ、これも使い方が大事で、ただ書いているだけでは覚えません。
Bのように、練習した後でミニテストをするというパターンにすると効果的です


ポイント


夏休みなどに、子どもに毎日書き取りをやらせる親はけっこういます。
でも私の経験だと、その割りに覚えていない子が多いのです。
親も子も「書き取りをしている」ということだけで満足してしまって、このやり方で本当に漢字の力がつくのか真剣には考えていないような気がします。


私はBのようなパターンが一番効果的だと思います。
これを繰り返せば必ず力がつきます。
つまり、効果があるかないかの分かれ目は、書き取りをしているときに覚えようとしながら書いているかどうかです。
覚える意思がないのにただ書いても意味はないのです。


これは、夏休みの漢字のことだけでなく、日々のどの勉強にも当てはまることです。
子どものモチベーションを高める工夫があるかないかで、効果は大きく違ってくるのです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ