[ 問題 ]


親戚の集まりで、夫の姉の子どもであるA子が「みなさん、こんにちは。お久しぶりです」と立派な挨拶をしました。
ところが、わが子B男はすごく内気で恥ずかしがり屋です。
いつも言っているのですが、なかなかきちんとした挨拶ができません。
今日ももじもじしているばかりです。


とうとう、長老格のおじいさんが言い出しました。
「A子は立派な挨拶ができて、しつけがいいな。B男はどうした?お前も言ってみなさい」。


さて、あなたの行動は次のどれになりそうですか?


A.いい機会だから、B男にしっかり挨拶させる

B.「A子ちゃん、すごいね。B男も見習いなさい」と言って、ライバル心を刺激する

C.話題を変える









診断結果



Aを選んだ人:×

B男のように内気で、挨拶が苦手という子はけっこういます。
そういう子にこのような場で無理強いしても、いいことはありません。
普段から挨拶が苦手の子に、このような場で立派な挨拶をさせようとしてもなかなか難しいでしょう。




Bを選んだ人:×

A子と比べられるとB男は辛いだけです。
ライバル心を持ってがんばるなどということは、まず考えられません。
他の子と比較して叱られるのは、子どもにとって一番嫌なことなのです。
下手をすると、B男はA子を恨むことにもなりかねません。



Cを選んだ人:◎

内気で恥ずかしがり屋のB男がこの場で立派な挨拶をするのは、なかなか難しいでしょう。
大勢の大人に面白半分でからかわれたり叱られたりして、よけい自信をなくす可能性もあります。何か別の話でも投げかけて、そちらの方に話題を変えてしまいましょう。


ポイント


B男のように内気で恥ずかしがり屋で挨拶が苦手という子は、けっこういます。
いくら整理整頓をやらせようとしても、できない子もいます。
いくら挨拶の大切さを言っても聞かせても、できない子もいます。
いくらてきぱきやるようにと言っても、できない子もいます。

でも、そういう子が心が優しかったり、感性が豊かだったりするのです。
もしB男の親が、絶対にわが子を挨拶のできる子にしようと決意したらどうなるでしょう?
是が非でも直してしっかりしつけようとすると、その事ばかり気になって、B男のいいところは見えなくなり、毎日叱ることになるでしょう。


この問題の場面では、「B男は恥ずかしがり屋で挨拶は苦手だけど、とても優しい子なのだ」ということを親が分かっていてやることが大切です。
そして、B男を難から救ってやってください。
無責任な人たちから子どもを守ってやるのは、親の大切な務めです。
決して、皆と一緒にB男をからかったり叱ったりしないで欲しいと思います。


B男の苦手な部分をつつくのではなく、いいところを伸ばしてやることが大切です。
それで自信がついてくれば、苦手なこともできるようになったり、または目立たなくなったりしてくるのです。


いくらしつけようとしてもなかなかできない子もいるということを、親は覚えておく必要があります。
それに、子どものころから挨拶ができるに越したことはありませんが、別に絶対できなければならないというわけではないのです。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ