[ 問題 ]


仲良く遊んでいた長男と次男がけんかを始めました。
最初は口げんかでしたが、だんだん激しくなり、たたき合いになってしまいました。
それを引き離して、しばらく別々の部屋で過ごさせました。
2人ともだんだん落ち着いてきたようです。


次にあなたの取る行動は、どれに近いですか?


A.まず、それぞれに自分の言い分を言わせる

B.まず、それぞれに自分のいけなかったことを言わせる

C.もうけんかのことには触れないで、放っておく








診断結果



Aを選んだ人:◎

まず、心の中にある不満を吐き出させることが大切です。
それぞれの言い分を十分言わせ、それを共感的な気持ちで聞いてやってください。
自分の言い分を共感的に聞いてもらうことで、気持ちが安らぎます。

そして、だんだん客観的に振り返ることができるようになります。
相手や第三者の言葉に耳を傾けたり、自分のいけなかったところを認めたりすることもできるようになります。



Bを選んだ人:×

最初に自分のいけなかったことを言わせようとしても、それは無理な話です。
自分の言い分を受容的に聞いてもらった後でなら、意外と素直に自分のいけなかったことも言うようになります。



Cを選んだ人:◎

しばらく離れていたことで、既に気持ちはある程度落ち着いています。
もう少したてば、自分たちで解決できるくらい落ち着くかも知れません。
それぞれの様子を見て、特に言いたいこともないようだとか、後に尾を引きそうもないようでしたら、そのまま放っておくのも1つの方法です。
学校でのけんかでも、これで十分な場合があります。
下手に大人が出ない方がいい場合もあるということを、覚えておくことも必要です。


ポイント


こういう場合、興奮している状態で何かをしようとしても、うまくいかないものです。
ですから問題文にもあるように、しばらく1人にしておくことをおすすめします。
そうすれば、だんだん落ち着いてきます。


そして、子どもの心の中の、理屈ではどうしようもないエネルギーを吐き出させます。
それが心の中を占領したままでは、何を言われても受け入れることはできません。


それぞれの言い分を十分言わせた後で、「今度は、自分のいけなかったところを言ってごらん」と言ってみてください。
すると、どちらも意外と素直に言うものです。
そうすれば、後は仲直りをするだけです。


最後に付け足しを1つ。
自分の言い分を言わせるときに、場合によっては、別々に話を聞くことが必要なこともあります。例えば相手がそこにいると、思っていることを言いにくいとか、言っているうちにまたけんかになりそうなどという場合です。
または、どちらに非があるのかしっかり判断する必要がある場合です。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ