今日はわが子の授業参観。
楽しみに行ったものの、授業で指名されてもモジモジするばかりで発表ができない…、手が挙げられない…。


一方で、ハキハキと発言している子がいると、わが子は大丈夫かしら? と、心配になってしまう親御さんもいるのでは? 


そんなとき、親としてどう対処したらいいのか? 
元教師で教育評論家の親野智可等先生にお話しを伺いました。


●授業で発表できないことを親がうるさく言ってしまうのでは、かえって逆効果


「ハキハキ積極的に発言しているお子さんを見てしまうと、ついモジモジしているわが子を心配してしまいますね。でも、これについては、あまり気にしなくていいです。元教師の私が言うのですから確かです」(親野先生 以下同)
こういった違いは、その子の性格によるものが大きいという。


「なかには、全然わかってなくても“ハイハイ”って手を挙げる子もいます。それはそれで、その子の良さがありますし。そいう子は、調子のいいところを活かしていけばいいんです。可愛いじゃないですか(笑)。逆に、手を挙げられないのも持って生まれた性格もあるんです。だから、『なんで手を挙げないの!』とか、どうか言わないでください。それはかえって逆効果で、余計に委縮してしまいます」


では、親としてどのように対処したらいいのだろうか? 


例えば、授業参観前日から手を挙げると張り切っていたわが子。
しかし、授業参観当日は発表したい様子は十分に伝わってきたものの、結局手を挙げられなかった。
そんなわが子へのあなたの対応は、次のどのタイプだろうか?


A.「ちょっとがっかりしちゃった次は頑張ってよ!」と言う
B.「発表だけが勉強じゃないから、気にしなくていいんだよ」と言う
C.「発表したくてうずうずしていたね。手も上がりかかっていたね」と言う
D.その問題には触れないでそうっとしておく。


親野先生は以下のように話します。


「子どもが落ち込んでいるときは、心のなかにあることを、どんどん話させることがとても大事です。つまり、Cのように誘い水をかけることで、子どもは自然に自分の内面のことを語りだすのです。」


つづく
ママテナ


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ