[ 問題 ]


授業参観で理科の実験の様子を見ました。
2人で1つの実験をしていたのですが、わが子はほとんど手を出さずに見ているだけでした。
あなたならどうしますか?


A.実験キットを買って実験に親しませてやる

B.「相手の子にたくさんやらせてあげていたね」と言う

C.「今日の実験どうだった?」と聞く








診断結果


理科の実験で、ほとんど手を出さないわが子を見て、どうしますか?


まず、手を出さなかった理由を探ることが大事です。
一番いいのはCです。



Aを選んだ人:○

実験の苦手な子には、実験の経験をたくさんさせるのが効果的です。
今は、いろいろな実験キットが比較的安価で市販されていますし、学校からの斡旋で買えるものもあります。

全く同じ実験でなくてもいいのです。
やればやったなりの効果はあります。
でも、もしかしたら、実験に手を出さなかったのはほかの理由かも知れません。



Bを選んだ人:×

手を出せなかったのと、相手にやらせてあげたのは違います。
いくらなんでも、手を出せなかったことをほめることはできません。
子どもにも嫌みに聞こえるでしょう。



Cを選んだ人:◎

子どもが手を出さなかった理由を探って、対策を考えることが一番大事です。
「今日の実験どうだった?」と聞いておしゃべりさせることで、それが分かってくるのです。
いきなり「どうしてあまり手を出さなかったの?」と直接的に聞くと、子どもが警戒して本音が聞けないことがあります。


ポイント


親がよく見ていれば、ある程度はその理由について察しがつくはずです。
でも、見ているだけでは分からないこともあります。
だから、実験についておしゃべりさせる必要があるのです。


おしゃべりの自然な流れの中で、「どうしてあまり手を出さなかったの?」と聞くことはあってもいいと思います。
でも、いきなりこう聞くのは避けた方がいいでしょう。
それと、話を聞くときは受容的、共感的に聞いてやってください。


このような場合、理由としては次のようなことが考えられます。


1 やり方が分からなかった
2 分かっていたけど怖かった
3 分かっていたし怖くもなかったけど、消極的なので手が出せなかった
4 相手の子との人間関係に問題があって、一緒にやりたくなかった、または、やらせてもらえなかった


理由が明らかになれば、対応の仕方も分かってきます。
1なら、まず学習内容について理解できるように手助けする必要があります。
特に、実験の前に教科書の該当部分をよく読ませることが大事です。
それでも分からないときは、親が説明してやるといいでしょう。


2と3なら、Aで書いたような実験の経験をたくさんさせることが効果的です。


4なら、子どもの話をさらによく聞いてやってください。
場合によっては、担任の先生に相談することも必要になってきます。



【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ