[ 問題 ]


小学3年生のわが子のクラスでは、毎日、日記の宿題が出ます。
わが子は書くことが好きではないので、いつも大苦労しています。
今日も「書くことがないよ~」と言うだけで、いつまでも書き始めません。
あなたならどうしますか?


A.「何を書いてもいいんだよ」と言って安心させてやる

b.親子でおしゃべりする

C.静かな部屋でじっくり考えさせる








診断結果


「日記に書くことがない」と言うわが子に、どうしますか?


おしゃべりで書くことを膨らませてあげてください。
一番いいのはBです。



Aを選んだ人:×

「何を書いてもいいんだよ」は、こういう場合の親の台詞として一番多いものです。
でも、子どもとしてはそう言われてもどうしようもないのです。
そもそも書くことが1つも頭に浮かばない状態なのですから、「何を書いてもいい」と言われても選びようがないのです。



Bを選んだ人:◎

こういうときは、親子でおしゃべりするといいのです。
その日にあったこと、おもしろかったこと、見つけたこと、いつも思っていることなど、いろいろと楽しくおしゃべりしてください。
そうしていると、書きたいことが出てきます。
それに、もう内容はしゃべってあるので、それをもとにしてどんどん書き進めることができます。



Cを選んだ人:△

高学年くらいになって、自分を深く見つめて文章を書きたいという場合は、静かな部屋でじっくり考えて書くことが必要です。
でも、この設問のケースには当てはまりません。
いつまでも書くことが見つからないで、ますます書くことが嫌いになるという事になりがちです。


ポイント


親子のおしゃべりの中で中身を膨らめておくと、書き始めてからもどんどん書くことができます。
そのためには、うまく質問してやって、話を引き出してやるといいでしょう。
たとえば、次にように聞いてみるのです。


1「そのとき、○○君はどんな様子だった?」
2「□□さんは何て言ったの?」
3「あなたはどう思った?」
4「○○君は心の中で何て言ってたと思う?」


1のように聞けば、「様子」について詳しく表現できます。
2のように聞けば、会話を再現できます。
それをそのままカギ括弧で括って書けば、生き生きした文章になります。
3と4のように聞けば、自分やその他の子の気持ちを表現できます。


日記や作文で大事なのは、様子、会話、気持ちを生き生き書くことです。
上のような聞き方をして、その部分を膨らめてやるといいでしょう。


ただし、あまり親の意図が見え見えでは不自然ですし、おしゃべり自体が楽しくなくなってしまいます。
まずは、共感的かつ受容的に聞き、楽しいおしゃべりタイムにしてください。
うなずき、相づち、リフレイン(繰り返し)、言い換え、などが有効です。


【親野智可等@まぐまぐニュース】

http://bit.ly/2nbcOox


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ