“宿題や勉強をしない!”“忘れ物が多い!”“片付けができない!”そんなわが子についイライラして、毎日ガミガミと叱っていませんか? 
それでうまくいくならいいのですが、いっこうにできるようにならないのが現実だったりします。では、どうしたら子どもができるようになるのでしょうか?
教育評論家の親野智可等先生が効果絶大な“ある方法”を教えてくださいました。

●スモールステップは、自転車の練習のイメージで!


「親御さんは、ついわが子にいきなり“理想”や“完璧”を求めてしまうんですね。だからイライラするんです。子どもの実状はそれぞれ違うのです。つまり、何かを習得させるときに大人側のイメージや理想を優先するのではなく、その子の実状、ペースに応じて進めることが何より大事なのです。いきなり“完璧”という高いハードルを与えるから親子共々つらいのです。そうではなく、できないならまずは親がやり方や環境の工夫を教えるなど、手を貸してやればいいのです。そうして少しずつできるようになったら手を離していく。これが“スモールステップ”です」
(親野先生 以下同)


スモールステップのイメージをわかりやすく例えるなら、“自転車の練習”と同じだという。


「自転車の練習をするとき、まずは補助輪を2つ付けて、親が手で支えてやるところからはじめますね。それで乗れるようになったら親が手を離す。それで乗れたら補助輪を片方だけ外してみる。それで上手く乗れたら、両輪外して親の手の支えだけで乗る。それで無理だったら、また補助輪を片輪戻して…と3歩進んで2歩さがるといったように繰り返しながら、最後に親の手の支えもなしに乗れたら達成ですね。このように、相手の実状をよく見て、それに合わせた“過不足のないサポート”をするのです。もちろん、子どもができることまで親がやってしまってはいけません。それは過保護になってしまい、逆にお子さんの成長の足を引っ張ることになってしまうので。相手をよく見て、できない部分をサポートするのがポイントです」


つまり、“勉強”や“忘れ物”“片付け”ができないからといって叱り続けるのは、自転車の例で例えるなら、自転車に乗れない子どもに、乗り方や乗れる工夫も教えずに、“なんで乗れないの!!”と叱り続けているのと同じだという。


「叱ってできるようになるのであれば、とっくにお子さんはできるようになっていますよね? 叱っても子どもはできるようになりませんし、それどころが、叱り続けることは百害あって一利なしです。叱られ続けた子どもは、自己肯定感が低下し、“どうせできないし…”と、やる気、勇気も失います。さらに、叱ってばかりの親への信頼感もなくなってしまいますので、注意が必要です」


●合理的な工夫で子どもが“できる子”になる!


スモールステップの一番の利点は、その子のペースと段階に合わせることによって、叱らずに済むこと。
そして、子どもは叱られないので前向きに取り組めることだという。
では、その具体的なやり方とは? 
“宿題”や“勉強”になかなか取り組めない子を例にやり方を教えていただいた。


 【子どもがなかなか宿題をしない場合】


つづく
ママテナ


今日のお薦め

くだものやさいカード〈1集〉 (くもんの生活図鑑カード)