こんにちは。Tomekkoです。
我が家は4歳差、長男は5歳の年長さんです。
1歳のワンパク次男とは正反対に、おっとり、のんびりマイペースな長男。

そこが可愛いところでもあるんですが、やはり小学校入学が半年後に迫っているかと思うと、もうちょっとしっかりしてほしい、ある程度のことは自分で対処できるようになってほしい…と、母の愛情は今、『不安』『焦り』『心配』へと変化。

その思いを子どもに対して表現しようとすると、どうしても『イライラ』になってしまうんですよね。
食事は食べ始めて10分くらいするとおしゃべりばかりになって座り方もだらしなくなり、全然箸が進まなくなる長男。
速攻で食べ終わっている弟がデザート待てずに大暴れとなるため、仕方なくデザートを出すとまんまとお兄ちゃんの分も持っていかれます。


着替えや登園準備にしても、靴下を片方履いたかと思うとうろうろ、シャツを着たかと思うと図鑑を眺めたり弟と遊んでしまったり…いつも出かける直前までガミガミ言い続けるも、いつまで経っても終わらずギリギリで半泣きで支度しています。


母の口から出る言葉は「早く!」「いつまでやってるの!」「急いで!」ばっかり。
自分でも嫌になっちゃいます。
そんな悩みをinstagramで吐露したところ、驚くほどたくさんの方から共感のコメントをいただきました。


愛する我が子であることには変わりはないのに、ただただ何をしていても可愛いだけの時期である次男に比べて、どうしても注意や叱責が多くなってしまう長男。
自分自身の母としての未熟さも自覚しているだけに、罪悪感もありますしやっぱり母親劣等生なのかな…とモヤモヤした思いを抱えていました。


そして共感の多さに「ワタシだけじゃないんだ!みんな同じように悩んでるんだ!」とホッとすると同時に、だからといってそのままで良いわけでは無いので、多くの悩めるママたちと共にこのイライラから解放されたいな~とつくづく思っていたのでした。


そんなある日。
出勤した夫から、とあるURLが届きました。
ネット記事でたまたま見つけた教育系コラムのようなのですが……


つづく
赤すぐみんなの体験記


今日のお薦め
マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000
マンガでわかる! 10才までに覚えたい言葉1000 [単行本]
「これ、面白い!」と、国語が苦手だと自称している10歳の息子が自主的にめくって読んで、学校にまで持って行って読破。娘はそれを見て早く読みたくて喧嘩をしていたほどです。その後もリビングに置いておくと、ペラペラみては「ママ、これ、面白いよ!」とあれこれ見せてくれるので、とても子供達にはわかりやすく、魅力的な本だと思います(レビュー)


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ