これは大阪に住むYさんに聞いた話ですが、Yさんの長女のみっちゃん(小学5年生)は、飼い猫のポンちゃんが大好きで、よく遊んだり世話をしたりしていました。
そこで、Yさんは「ポンちゃん、ホントかわいいね。ポンちゃんの絵を描いてよ。できるだけ大きく描いて」と言って、ノートを渡しました。

すると、みっちゃんは、ノートいっぱいにポンちゃんの絵を描いてくれました。
Yさんは、その絵をほめてから、「猫の体のパーツについて教えてよ」と頼みました。
すると、みっちゃんは、「ポンちゃんの一番好きなところは、顔。かわいい顔に、立派なひげがあるのがおもしろい。肉球も大好き。これで猫パンチしてくるのがかわいい」と、いろいろ話をしてくれました。

 
そこで、Yさんは、「猫のひげって、何でこんなに長いのかね? 肉球って何の役に立つのかね?」と言いました。
すると、みっちゃんは、「ひげは体のバランスを取るためじゃないの? 肉球はすべり止めだと思うよ」と答えましたが、いまひとつ自信がないようでした。


Yさんは、「じゃあ、一緒に調べてみようか」と言って、スマホで調べて見せてあげました。
みっちゃんはそれを読みながら、「やっぱりね。肉球の小さなくぼみから汗が出て、それがすべり止めになってるんだって」「ああ、そうか、肉球がクッションになってて、そのおかげで足音を立てないで、忍者のように歩けるんだって」「小さな5つの肉球は“指球”(しきゅう)って名前で、一番大きいのが“掌球”(しょうきゅう)だって」と大喜びです。


●せっかくだからノートに書こう


次に、Yさんは、「せっかく調べたんだから、忘れないように大事なことをノートに書いておこう」と言ってみました。
Yさんは、「乗ってくるかな?ダメかな?」と思っていたのですが、みっちゃんは「そうだね」と言うや否や、すぐにノートに書き始めました。
みっちゃんは、イラストも描きながら楽しそうに取り組みました。

 
そこで、Yさんは、「せっかくだから、これを夏休みの自由研究にしようか!」と言ってみました。
すると、みっちゃんも大賛成で、「それいいね。ポンちゃんのことをもっと書いて、猫でわからないことを調べて書いて、それで自由研究にしよう」ということになりました。

 
その後は、スマホで調べるだけでなく、図書館で猫の本を探して調べたりもしました。
猫の体のこと、猫を飼うときのコツと注意点、猫の病気、日本や世界の猫の種類、人間と猫の関係の歴史など、いろいろなことを調べて書きました。
同時に、毎日ポンちゃんと遊びながら、よく観察して気がついたことも書きました。


その結果、楽しみながら自由研究を完成させることができました。
ますます猫のことが好きになりましたし、猫についてかなり詳しくなり、「自分は猫博士」だという自信もつきました。
夏休みが終わってからも、みっちゃんは「猫ノート」にいろいろ書いて、研究を深めているそうです。


●熱中していることをノートに書こう


この例のように、子どもが熱中していることをノートに書かせるようにもっていくと、いろいろな面で良い効果があります。


水泳に熱中している子なら、水泳のことを書きます。
その日練習したこと、練習中に気がついたこと、自分で考えた工夫、コーチに言われたこと、これからがんばりたいことや目標、大会の結果、反省点や改善点、ライバルの研究、泳ぎ方の種類、水泳の歴史、有名な選手のこと、などなど……。


つづく
TOMASスカラ


今日のお薦め
お話を楽しみながら理系に強くなる
↓↓↓↓↓

科学事件ファイル 小学4~6年 (おはなし推理ドリル)

内容も面白く、実際は「ドリル」でも子供は「ゲーム」「謎解き」として受け入れられるので、自分からもっと読みたい、と。推理の途中で国語のテスト形式の設問に答えていき、自ら矛盾点や推理を働かせて答えにたどり着く。しかもトリックが初歩的な科学法則(空気と音の伝達、温度による重さの違い、質量の違いと浮力、など)に基づいていて、自然と科学知識も習得できるところが秀逸。答えが見つかると達成感を味わえ、更に先へ進みたいと子供に思わせることができる、素晴らしい学習教材だと思います。(レビュー)

親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ