子どもたちの夏休みが中盤にさしかかり、自由研究をどうするか、そろそろ親子で頭を悩ませ始める頃ではないだろうか。
子どもの自主性を尊重しつつ、上手に研究の手助けをしたい。


7月下旬、夏休みの自由研究や宿題について、体験しながら考えるイベントが東京都内で開かれた。


「うわー、難しい」「やったー、できたー」。
建設会社が設けたブースでは、接着剤やくぎなどを使わずに、割り箸だけでアーチ状の橋を組み立てていた。
小学1年の男子(7)と一緒に参加した川崎市の母親(39)は、「まだ研究のテーマは決まっていません。少しでも興味を広げてやりたいと参加しました」と話す。


夏休みの自由研究を親が手助けすることは多い。
一般社団法人「日本能率協会」(東京)が、昨夏の自由研究について、子どもが誰と一緒にやったか調査したところ、「母親」57%、「父親」15%で、「子どもが一人でやった」は10%にとどまった。


元小学校教師で教育評論家の親野智可等(おやのちから)さんは「親は手助けすべきではないという意見もあるが、子どもは自分で情報を取りに行くことが簡単にはできない。ある程度のサポートは必要」と指摘する。


自由研究の典型的な形として、サッカーや昆虫といった普段から興味のあることを深め、まとめる方法がある。
ただ、「子どもだけでは、いくら好きなことでもなかなか深められないし、行動力もお金もない」と親野さん。

何に興味があるのかを親が聞き出し、テーマを決めるよう促した上で、図書館や博物館に連れて行くなどしてサポートすると良いという。
 

●親のやりたいこと、やらせたいことを押しつけないで


注意すべきは、親のやりたいこと、やらせたいことを押しつけないこと。
子どもが主体的にテーマを決めなければ、研究の意味は半減する。
「大切なのは本人が興味を持って取り組めるかどうか」と親野さんは強調する。


つづく
読売新聞

今日のお薦め



発売1か月半で148万部突破! 大人も子どもも大爆笑の声、続々
子どもが夢中になって勉強する!
全例文に「うんこ」を使った、まったく新しい漢字ドリル


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ