今回の相談

4歳の息子は、何か見つけると急に猛ダッシュで走り出します。事故防止のためにハーネスを使いたいと思うのですが、身近な人に「そんなの恥ずかしい。犬じゃあるまいし。ちゃんと言い聞かせるのがしつけだ」と反対されています。

相談者・エアコンスマイル さん (年少 男子) 


【親野先生のアドバイス】

エアコンスマイルさん、拝読しました。

子ども用ハーネスについては、「犬じゃあるまいし」「恥ずかしい」「奴隷みたい」「子どもの人権無視だ」「虐待じゃないの」「子どもがかわいそう」「世間体が悪い」「昔はこんな事をする親はいなかった」など、否定的な見方をする人もけっこういますね。

そのせいで、子育て中のママ・パパたちの中には必要性を感じながらも躊躇している人も多いようです。
でも、これは子どもの命に関わることなので躊躇している場合ではないと思います。
子どもというのは、突然思いも寄らない行動をすることがあるので、ハーネスは命綱といっていいくらい大切なものです。

私が小学校の先生だったとき、小学4年生の子どもたちを連れて遠足に行ったことがありました。
子どもたちは2列で道路脇の歩道を歩いていたのですが、突然1人の子が道路に飛び出しました。
危うくバイクにぶつかりそうになりましたが、間一髪のところでバイクがよけてくれました。
本人が言うには、「道路に空き缶が転がっていたので、拾って捨てようと思った」とのことでした。
もちろん、事前に遠足で守るべき注意点を指導しておいたのですが、それでもこういうことがあるのです。

しかも、4年生でもあるのです。
ましてや、園児やそれより小さい子では、何をするかわかったものではありません。
興味を引く物を見つけて走り出す子もいれば、何もなくても取り敢えず走り出す子もいます。
親が子どもと手をつないでいたとしても、急に振りほどいて走り出すこともあります。

お母さんが落としたものを拾おうとして、屈んだ瞬間に手を振りほどいて猛ダッシュ。
着信音がなったので、バッグの中から携帯電話を出すために、一瞬子どもの手を離した隙に猛ダッシュ。
後先見ずに走り出して、そのすぐ先に道路がある、線路がある、川がある…。
こういう状況で肝を潰したことのある人も多いはずです。

「ちゃんと言い聞かせるのがしつけ」と言われたとのことですが、いくら事前に言い聞かせても、こういうことは起こります。
何度約束しても、そのときになると忘れてしまう子もたくさんいるのです。
子育て経験者で、「自分が子育てするときは、そんなものは使わなかった」と言う人もいます。
でも、一口に子どもと言ってもその個人差はものすごく大きいので、自分の子育て経験だけで結論づけてはいけないのです。