●嫌なことを思い浮かべながら眠るとマイナス思考になる


みなさんは、夜、どんなことを思い浮かべながら眠りにつくことが多いですか?
自分にとって嫌なことが多いですか?
嫌なこととは、例えば過去にあった嫌なことです。
つまり、誰かにバカにされて悔しかったこと、失敗して恥ずかしかったこと、痛い目にあったこと、叱られたこと、などです。


あるいは、未来に起こり得るかも知れない嫌なことです。
つまり、来週ある資格試験に落ちるかも知れないという不安、仕事を解雇されるのではないかという恐れ、などです。


こういうことを思い浮かべながら眠りにつくと、眠っている間中ずっと、嫌な感情が続く可能性があります。
すると、朝起きたときもいまひとつ楽しい気分になれません。
下手をすると、その気分のままで1日のスタートを切ることになります。
こういうことが続くと、表情も暗くなり発想もマイナス思考になりかねません。


●楽しいことを思い浮かべながら眠るとプラス思考になる


ですから、今夜からは、できるだけ楽しいことを思い浮かべながら眠りにつくことをお薦めします。
楽しいこととは、例えば過去にあった楽しいことです。
つまり、努力が報われてうまくいったこと、誰かにほめられたこと、家族や友達と楽しい時間を過ごせたこと、などです。


あるいは、未来に起こり得る楽しいことです。
つまり、水泳大会で1位になる、テストで百点を取る、サッカーの試合でシュートを決める、遊園地に遊びに行く、などです。


こういうことを思い浮かべながら眠りにつくと、眠っている間中ずっと、楽しく幸せな気持ちでいられる可能性があります。
すると、朝起きたときも楽しくポジティブな気分になれ、よい気分のままで1日のスタートが切れるようになります。
こういうことが続くと、表情も明るくなり発想もプラス思考になっていきます。


●眠りにつくときのイメージトレーニングは目標達成のためにも効果的


こういったイメージトレーニングは、アスリートやビジネスマンの目標達成のためにも効果的だと言われています。


つづく
学研キッズネット

今日のお薦め

子どもの話にどんな返事をしてますか? ―親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる