学校給食”と言えば、授業より楽しみ! という子どもがいる一方で、すべて食べきれないことで深刻に悩んでいる子どももいるといいます。
なかには給食の時間が恐怖で“学校に行きたくない!”と言い出す子もいるそう。


そんなとき、親としてどう対処したらいいのでしょうか? 
教育評論家の親野智可等先生にお話しをうかがいました。


●食べることは、体質や生理的な個人差があるもの。決して強制してはいけません。トラウマを抱えることも!


「昔よりはだいぶ減ってきましたが、いまだに“給食を食べきらないと叱る”“休み時間や掃除の時間になっても居残って食べさせる”といった強制的な指導で苦しんでいる子どもは実は少なくありません。心を解放して過ごせる休み時間も遊ばせないなんて、本当に気の毒です。これは、もはや“指導”という名の“拷問”や“虐待”と言っても過言ではありません」(親野先生 以下同)


食べることは、決して他人が強制できるものではないという。


「食事の量というものは、個人によって大きく違います。食の細い人もいれば、大食いの人もいます。同じ年の子どもでも、食べられる量には大きく個人差があるのです。そのような体質や個人差を無視して、一律に一定量を食べることを強制するなどということはあってはならないことなのです。大人だってそうですよね? 食べきれないこともあります。それなのに、子どもは“食べ残してはいけない”という発想がそもそもおかしいのです」


さらに、食べ物を強制的に食べさせることは、以下のような精神面への深刻な影響や一生のトラウマになるケースもあるので気を付けなければならないという。


〇無理矢理食べさせられた食べ物に対して嫌悪感を持ち、一生苦手になることもある。
〇無理矢理食べさせる親や教師に対して恐怖感を持つようになる
〇強制的な押し付けに抵抗できない自分に無力感を持つようになる
〇叱られ続けることで自己肯定感が持てなくなる。
〇食事の時間が怖くなり、食べること自体に否定的な感情を持つようになる。それは生き
ることの否定にもつながりかねない


「このように、栄養面や“もったいない”という指導のもと、子どもが精神的に追い詰められ、トラウマを抱えてしまったら本末転倒なのです。好き嫌いについても、無理矢理食べさせることで、嫌いな食べ物だけでなく、食事自体が嫌になってしまうこともあるのですから」


また、次のようなケースも。


「『盛られた物を全部食べられないと思ったら、食べる前に減らしていい。そのかわり食べ始めたら残してはいけない』と言う先生もいますが、これも子どもを苦しめます。大人でもバイキングで取りすぎてしまうことがあるように“食べてみないとわからない”ということはよくあることだからです。食後に、『今日、完食できた人は30人でした』などと発表する先生もいますが、これもやめるべきです。食の細い子に対して、『お前のせいで全員完食にならないじゃないか』と言う子が出てくるからです。これははっきり言っていじめですし、先生がその原因を作っているのです」


では、給食が食べきれずに悩む子どもに、親としてどう対処したらいいのだろうか?


つづく
ママテナ

今日のお薦め

ターシャ・テューダーは絵本作家であり、同時に園芸家としてもたいへん有名な人。自宅
で草花を育てつつスローライフを実践し、その生活スタイルは全世界に影響を与えました。


親野智可等の講演
親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
親野智可等@アマゾン
遊びながら楽しく勉強
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP

「フォレスタネット」先生の授業準備のための情報サイト

国語のお薦め
漢字のお薦め
語彙力をつけるには?
算数のお薦め
算数の図形の力をつけるには?
遊びながら力がつく算数ゲーム
理科のお薦め
これがイチオシ理科マンガ
社会科が好きになるお薦め
歴史が好きになると一生楽しめる
地理が得意になると社会科全体が好きになる
図鑑が子どもを伸ばす
多種多様な図鑑
幼児にオススメ
お薦め知育教材
子どもは伝記で自分の人生を考える
親力アップにお薦めの本
発達障害?と思ったら
パパ・祖父母・PTAのオススメ
思春期の子をお持ちの方にオススメ