今回の相談

このごろストレスを感じることが多く、常に子どもたちに愚痴を言っています。特に多いのは仕事や夫のことです。これはやっぱり子どもたちのために良くないでしょうか?

相談者・小京都ママ さん (小6女子 小4男子)



【親野先生のアドバイス】

小京都ママさん、拝読しました。

ストレスが溜まったときは、誰かに聞いてもらいたくなりますよね。
その気持ちは本当によくわかります。
愚痴を聞いてもらって荷物を降ろせば心が軽くなりますから。

でも、常に子どもに愚痴を聞かせるのはやめた方がいいです。
というのも、親が降ろした荷物は子どもが背負うことになるからです。

親から常に仕事に対する愚痴を聞かされていると、子どもは次のように思うようになります。

「仕事って大変だな。仕事なんかしたくないな」
「毎日仕事をしなけりゃならない大人って大変だな」
「大人になんてなりたくない。ずっと子どもでいたい。大人になってもいいことなんてないんだから」

また、母親から常に夫(子どもにとっては父親)についての愚痴を聞かされていると、子どもは次のように思うようになります。

「お父さんてダメな人だな。そんな人の言うことなんか聞かなくてもいいな」
「お父さんてダメな人だな。こんな人がお父さんなんて、自分は不幸だな」
「お父さんてダメな人だな。こんな大人にはなりたくない」
「結婚してもいいことはない。苦労するだけだ。結婚なんかしないほうがいいな」

男の子にとって、父親は将来の自分のモデルであり、これから自分をつくっていくうえでの指針でもあります。

その父親が母親によって完全に否定されてしまうと、子どもは自分の将来像を描く手がかりというものを失ってしまいます。

また、女の子にとってのモデルは母親です。
その母親が毎日愚痴ばかり言って、不幸せそうにしていると、女の子は自分も将来幸せになれないと思い込んでしまいます。

そして、結婚についても仕事を持つことについても否定的になってしまいます。
これでは、自分の人生に明るい将来像を描くことは難しくなってしまいます。
このようなわけで、常に子どもに愚痴を聞かせ続けるのはやめましょう。
もちろん愚痴を聞いてくれる相手は必要ですが、子ども以外のところで見つけるようにしてください。

とはいえ、同じ屋根の下で暮らす親子ですから、日々いろいろな話をする中で、愚痴を全く何一つ言わないようにするというのも難しいかも知れませんし、ある意味不自然かも知れません。

実際問題、みんなそんなに完璧な人間ではないですし、愚痴の一つくらい言いたくなるのもわかります。
↓↓↓↓↓


親野智可等のHP