今回の相談

 男の子が3人います。平等に育てているつもりなのですが、小学2年生の次男が「兄弟の中で誰が一番好き?」とか「ぼくと弟のどっちが好き?」などと聞いてきます。

 こういうとき、何と答えればいいでしょうか?「あなたが一番好き」と答えていいものでしょうか?

相談者・竹の子ママ さん (小2 男子)


【親野先生のアドバイス】

竹の子ママさん、拝読しました。

子どもがこういう質問をしてくると、親は困りますよね。
そして、その子を安心させるために、つい「あなたが一番好き」とか「あなたの方が好き」などと言いそうになるかも知れません。

でも、私はそういう答え方はしない方がいいと思います。
というのも、その子が後で他の子に「ママはぼくのことが一番好きって言ってた」などと言う可能性もあるからです。

もう一つの理由は、そういう答え方は「親の愛情は平等ではない」と言っているのと同じだからです。

それは子どもにとって不安なことです。
もしかしたら、他の子にも同じように言っているかも知れません。
それに、今は自分のことが一番好きでも、いつかその順番が変わるかも知れません。

親の言うことを聞かなかったり、テストの点数が悪かったりすると、その順番が変わるかも知れません。

そういう不安を抱えながら、常に親の愛情の量について自分と他の兄弟を比べながら生活しなければなりません。

そういうことにならないためには、親の愛情は無条件に平等であるということを伝える必要があります。

ですから、「3人ともみんな大好きだよ」「みんな一番好きだよ」「あなたも弟もどっちも大好きだよ」と答えてあげて欲しいと思います。

そうすれば、子どもは親の愛情は平等だとわかりますし、兄弟で奪い合う必要もありません。

「平等に育てているつもり」とのことで、これはとても大事なことですね。
というのも、子どもたちは親が平等か否かについては非常に敏感だからです。

子どもという立場は弱いものであり、生きていくための全てにおいて親が頼りです。
その頼るべき親の愛情が偏っていて、自分に注がれる量は少ないようだと感じることは、子どもにとってこれ以上なく不安なものなのです。

ですから、さらにうがった見方をすれば、親は「平等に育てているつもり」でいても、実は子どもはそう感じていないということもあり得ると思います。