今回の相談

 子どもが「○○君が絵のこと下手って言ってきた。アイツなんかいなくなっちゃえばいいのに」と言いました。よほど悔しかったのだとは思いますが、これに対して何と返せばいいのでしょうか?共感した方がいいのでしょうか?「そんなこと言っちゃダメだよ」と言った方がいいのでしょうか?

相談者・りおでじゃあね さん (小1 男子)


【親野先生のアドバイス】

りおでじゃあねさん、拝読しました。

「いなくなっちゃえばいいのに」などという言葉を聞けば、親としては「そんなこと言っちゃダメでしょ」と言いたくなると思います。

こういう言葉を軽々しく口にしていいはずがありませんから、そのことを子どもにわからせたいと思うのは当然です。

ただ、今の子どもの状態は、そういう正論をそのまま言っても受け入れることができない状態です。
悔しい気持ちでいっぱいだからです。

それに、子どもも本気でいなくなっちゃえばいいと思っているわけではありません。
そう言いたいくらい悔しかったということなのです。

ですから、まずはその気持ちに共感してあげることが大切です。
「そんなこと言われたの?イヤだったね」「そんなこと言われたら悔しいよね。頭に来ちゃうよね」と共感してあげてください。

悔しかった気持ちにたっぷり共感してもらえれば、子どもは「自分がどんなに悔しかったかわかってもらえた」と感じて、気持ちが安らかになります。

そんなことを言ってはいけないということは、頭ではとっくにわかっているので、気持ちが安らかになれば言わなくなります。

ただし、このとき「そうだよね。いなくなっちゃえばいいよね」と言ってはいけません。
これは共感ではなく安易な同調です。
付和雷同と言ってもいいでしょう。

この区別はとても大切です。

大辞林によると、付和雷同とは「自分にしっかりした考えがなく、他人の意見にすぐ同調すること」です。

ここで大事なのは、安易な同調(付和雷同)ではなく「和して同ぜず」という態度です。
「和して同ぜず」とは「君子は人と協調するが、安易に同調したり雷同したりすることはない。主体的に人とつき合うべきであるということ」です(デジタル大辞泉)。

もう一度言いますが、「そんなこと言われたら悔しいよね」は共感ですが、「そうだよね。いなくなっちゃえばいいよね」は安易な同調です。

このような同調をされると、子どもの気持ちは安らかになるどころか、火に油を注がれたようになって余計に激しくなってしまう可能性があります。
↓↓↓↓↓


親野智可等のHP