●パズルのおかげで大学の数学科に入れた

 
ある小学校のPTA主催で講演をおこなったとき、そのスタッフのSさんに聞いた話です。
Sさんの長男は、公立高校から5つの大学の数学科に合格しました。


Sさんによると、息子さんは小学生の頃から算数や数学のパズルが大好きで、いつもよくやっていたそうです。
「もしかしたら保育園の時もやっていたかも」とも言っていました。

算数・数学関係のパズルをざっくり分けると、数、図形、論理などの種類がありますが、息子さんはどの分野もよくやっていたそうです。
Sさんは、「お金がなかったので塾にはちょっとしか行かせられなかったけど、パズルのおかげで算数と数学はいつもよくできた」とも言っていました。

 
●パズルによって、試行錯誤しながら考える力がつく

 
算数・数学パズルのよいところはたくさんあります。
例えば、論理的に考える力、見えない空間をイメージする力、問題を解くコツやセンスなどが身につきます。
 

そして、もう一つ大事なのが、自分で試行錯誤しながら考える力がつくということです。
「ああでもない。こうでもない」と一生懸命考えて、解決の糸口が閃いたときはうれしいものです。
これによって、未知の問題について試行錯誤しながら考えることの楽しさを知ることができます。
また、同時にその力もつきます。

 
●「一生懸命考えれば解ける」という自信を持てるようになる

 
これが本当に大切なことであり、数学が好きでよくできる人は、みんな、このように考えることが好きですし、一生懸命考えれば解けるという自信も持っています。
未知の難問に出会うと挑戦意欲が駆り立てられて燃える、という人が多いのです。
難問を見るとすぐあきらめたり、めんどくさいと感じたりするようでは、数学が得意にはなれないのです。

 
このようなわけで、パズルで試行錯誤する力がついていると、算数・数学の授業やテストで難しい問題に出会ったときも、自分の頭を使って試行錯誤できるようになります。
 

つづく
ママノート


今日のお薦め

木のぬくもりときれいな色、心地よい音、かわいい形の好奇心をふくらませる知育玩具ド
ミノ。失敗や成功を繰り返しながら考える力を養います。目で見て手で触れて、お子様の
感性をより豊かに育みます。その中で自然と物理的な法則を発見し、考え、工夫すること
で創造力も豊かに育みます


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP