[ 問題 ]


久しぶりに親戚が集まって、外で食事をすることになりました。
店の個室に入って会食を始めようとしたとき、1人の子供がテレビをつけました。
すると、サッカーの国際Aマッチが始まるところでした。


そこにいた4人の子供の中で、2人はサッカースポーツ少年団でがんばっています。
あなたの行動は、次のどれに近いですか?


A.テレビをつけたまま食事をする
B.テレビの向きを変えて、ボリュームも下げて、2人の子供だけに見せてやる
C.テレビを消して食事を始めるが、ときどきつけてやる
D.テレビを消して食事をする


診断結果


●食事の時間にはテレビを消しましょう


食事の時間にテレビを消すことで、会話に実が入ります。
それで、初めて、コミュニケーションが成り立つのです。
ですから、Dが一番です。


Aを選んだ人:×


テレビをつけたままだと、本当の会話を楽しむことはできません。
テレビの内容についていろいろしゃべっているときは、一見盛り上がっているように見えます。
でも、終わってから何も残りません。
せっかく久しぶりにあったのですから、昔の思い出、お互いの近況、子供の生活の様子などに話の花を咲かせて欲しいと思います。 


Bを選んだ人:×


これでは、親戚で集まって食事をする意味がありません。
この集まりは、この2人の子供の心に何も残さず終わるでしょう。
久しぶりにあった親戚のおじさん、おばさん、従姉妹たちとの心の触れ合いを大切にしたいものです。
それに比べたら、 サッカーの国際Aマッチを1回見ないことくらい、なんでもないことです。 


Cを選んだ人:×


ときどきテレビをつけたりすれば、よけい気になって仕方がないものです。
気もそぞろで、みんなとの会話や心の触れ合いを楽しむことなどできません。 


Dを選んだ人:◎


テレビを消すことで、食事と会話に集中することができます。
日頃はあまり会えないおじさんやおばさんと楽しい会話をして欲しいものです。
従姉妹とお互いの学校の話で盛り上がって欲しいものです。
そうすることで、親戚同士の心の絆を強くことができるのです。
いくら親戚といっても、放っておいて絆が強くなるわけではありません。 


ポイント


一緒に物を食べる食事の時間は、人と人のコミュニケーションを図るのに得難い時間です。
特に現代の忙しい生活の中では、このような時間はとても貴重です。


食事をしながら、人は、自分が見たことや聞いたことを伝え合います。
または、自分のがんばったことや失敗したことを語り合います。
世の中の出来事について感想を言い合ったり、将来の夢について語り合ったりもします。
このような濃密なコミュニケーションが、人と人を深く結びつけるのです。


テレビを見ながらでは、このようなコミュニケーションは不可能です。
テレビの内容について大騒ぎして、一見その場は盛り上がっているように見えることはあります。でも、その後しばらくしてから振り返ってみると、何も心には残っていないのです。
お互いの相互理解が進むこともありませんし、相手と以前より深い絆で結ばれたと感じることもないのです。


家族で毎日食事をするときも同じです。
テレビを消すことで、より濃密なコミュニケーションが可能になるのです。
毎日毎回テレビを見ながら食事という家庭は、要注意です。
そういう家庭には、まず、手始めに1週間に1度だけでもノーテレビデーを作ってみることをお勧
めします。


【親野智可等@まぐまぐニュース】
http://bit.ly/2nbcOox

今日のお薦め

1日1話、身近な科学の疑問を楽しく解説。「パンダの体はなぜ白と黒?」「タマネギを切
ると、なぜ涙が出る?」「鉄の船が海に浮くのはなぜ?」。子どもの「なぜ」に答える科
学のお話を365日分。オールカラーで、全てのお話に楽しいイラストや図解を掲載し、わ
かりやすく解説。読書や理科が苦手な子でも楽しく読み進められます。

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP