●ものすごい剣幕の保護者が…


私は、あるときT先生という女性の教頭先生と同じ学校に勤めたことがありました。
T先生は仕事もよくできましたし、人柄も素晴らしかったです。
笑顔が素敵でいつもにこにこしていて、人の話を本当によく聞いてくれる人でした。
子どもたちにも人気がありましたし、先生たちにも校長先生にも信頼されていました。



あるとき、私が職員室で仕事をしていたら、廊下の方で誰かが騒いでいる声が聞こえてきました。
それはある保護者の男性で、「○*△&□¥○#△$□!どういうことだ?」という感じで、何やら怒鳴っています。


興奮状態でものすごい剣幕でした。
それで、教頭のT先生が話を聞くことになり、職員室の近くにあった相談室という部屋に二人で入っていきました。


●2時間後にはニコニコ。あの剣幕はどうなったのか?


私も含めて職員室にいた先生たちは、「何があったんだろう?どうなるんだろう?」と心配でたまりませんでした。
とはいえ次の授業があるので、ずっとそこにいるわけにもいかず、私は教室に戻りました。


それから、2時間くらい経って私がまた職員室に向かって歩いていると、ちょうど相談室からT先生と男性が出てきました。
見ると、なんと、男性がニコニコ笑っているではありませんか!
そして、T先生と何やら楽しそうに話しています。
まさに談笑という感じです。


そして、「すみませんでした。ありがとうございました。またよろしくお願いします」などと言いながらにこやかに帰っていきました。
私は安心すると同時に、「2時間前のあの剣幕はどうなったんだ?」と思わざるを得ませんでした。


●徹底的に共感したら


すると、近くにいた事務の先生が「これがT(先生の名前)マジックだよ」と言いました。
事務の先生が言うには、どうなるか心配なので、様子を見るために20分おきくらいにお茶やお菓子を持って相談室にいったそうです。


いく度に男性の態度が柔らかく変わっていくのがわかったそうです。
後でT先生にも聞いてわかったことですが、T先生は男性が話すことに対して、「そうなんですね。それは困りますよね」「わかります。大変ですね」というように、徹底的に共感的に答えたそうです。

つづく
フォレスタネット

↑↑↑↑↑
この「フォレスタネット」というサイトは、学校の教員に対する授業支援、コミュニティ支援及び業務支援を目的とするサイトです。
教育関係者のみ登録できるサイトでありまして、教育関係者以外の読者のみなさんには、大変申し訳ありませんが、続きをお読みいただくことができません。あしからずご了承ください。

今日のお薦め
祝・ノーベル賞受賞! 微生物の中から2億人を救う発見をした化学者の半生。
子どもから大人まで幅広い世代の心に響く感動のストーリー!


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP