●好きなこと、向いていること、やりたがること


「来年から何か習い事をさせたい。何がいいだろうか?」
「そろそろ、○○を習わせたい。どこでやらせるのがいいかな?」
このように、学年末の時期になると、新しい習い事について考えることが多いと思います。
私は、習い事は次のようなことをやらせてあげるといいと思います。


もともと好きでよくやっていること
資質的に向いていること
本人がやりたがること


こういったものなら、子どもは大いに張り切って楽しく取り組めます。
自らがんばることもできますし、「好きこそものの上手なれ」で、うまくもなります。
親もその子のがんばりや上達をたくさんほめてあげることができます。


子どもは自分に自信を持てるようになり、それ以外のこともがんばれそうな気がしてきます。
生活全般に張りが出てきて、毎日明るく元気に生活できるようになります。


●「苦手を克服するために」はリスクが大きい


この反対が、苦手を克服するために習い事をやるという考え方です。
例えば、「運動が苦手だからサッカーか野球をやらせよう」「字が下手だから習字をやらせよう」などです。


もちろん、これでうまくいく場合もないことはないです。
「苦手だったけど、やってみたらできるようになった」「苦手なことが人並みにはできるようになった」ということも、ないことはないです。


でも、一方で、これにはリスクもあるということをわかっていて欲しいと思います。
もともと苦手なことですから、子どもはイヤイヤやるということになりがちです。
イマイチがんばれないし、たいして上達もしないかも知れません。
そんな子どもの姿を見て、親はどうしても叱ることが増えます。
それで、子どもはますますイヤになりますし、自信もなくなります。


●イヤな習い事は精神衛生によくない


子どもは、イヤな習い事がある日は、朝から暗い気持ちになります。
中には、前日辺りから暗い気持ちになってしまう子もいます。
これは子どもの精神衛生上よくありません。

つづく
ママノート

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP