●全体のイメージを明るく華やかで楽しい感じに


みなさんは、「子どもを勉強好きにしたい」「進んで勉強ができる子になって欲しい」と願っていると思います。
そのためにできることはいろいろありますが、今回オススメしたいのは「丸つけでほめる」方法です。


子どもが勉強したプリントや問題集などに丸つけをしてあげるとき、ちょっとしたコツがあります。
それは、全体が明るく華やかで楽しい感じになるようにしてあげることです。
すると、子どもは勉強ってけっこう楽しいと思えるようになります。


そのためには、まず丸つけで使う筆記用具が大事です。
色が明るく華やかで、ある程度太いものがオススメです。
この条件に合っていれば、水性サインペンでも色鉛筆でもどちらでもいいでしょう。


赤いボールペンで丸つけする人もいますが、これだと線も細くて色もきれいではありませんので、なんとなくさみしい感じになってしまいます。


●楽しい花丸をかいてあげよう


そして、例えば算数プリントで問題が10問あったとしたら、1つ1つ花丸をつけてあげます。
子どもは普通の丸よりも花丸の方がうれしいのです。

花丸に目や口を描いてリボンや蝶ネクタイもつければ、キャラクター花丸にすることができます。
これで、さらに楽しくなります。

つづく
ママノート

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP