●大切なのは親のサポート


前回までに、忘れ物の多い子を放っておくと次の4つ弊害があると書きました。

1. ますます忘れ物をするようになり自己肯定感が持てなくなる

2. 授業に集中できなくて学力が下がる

3. 子ども自身も自業自得方式を身につけて、友達に冷たくなる

4. 冷たい親に対する愛情不足を感じる


では、忘れ物を減らすにはどうしたらいいのでしょうか?
大切なのは親のサポートです。
まずは、オーソドックスなやり方ですが、一緒に次の日の支度をしてやり方を教えるという段階が必要です。


2番目が、親が見守りながら支度をさせる段階です。
3番目が、子どもに自分でやらせて、それから親が確認をしてあげる段階です。
○年生だからできて当たり前と考えずに、その子の状態に応じてサポートしてあげてください。


●過不足のないサポート


ただし、親がやり過ぎても過保護になるのでよくありません。
つまり、過不足のないちょうどいいサポートが大切なのです。
この辺りの匙加減は自転車の練習と同じです。


自転車の練習では、最初は補助輪を2つつけます。
それで乗れるようになったら補助輪を1つにします。
それでも乗れるようになったら補助輪を0にします。
でも、補助輪1つにするには速すぎたという場合はもう一度補助輪を2つにします。


いつまでも補助輪を2つつけていては乗れるようになりません。
かといって、一気に減らしすぎてもこわがってしまいます。
万事、このように、相手の状態をよく観察して過不足のないちょうどいいサポートをしてあげることが大切です。


次の日の支度にしても、一度3番目の段階までできるようになっても、また戻ってしまうこともあると思います。
そのときの気分や調子にも寄りますので、行ったり来たりでもいいと考えてあげてください。
気長に付き合ってあげてください。


そして、どの段階にしても、忘れ物がないかの最終確認だけは親がしてあげた方がよいと思います。
また、自転車の練習も次の日の支度もそうですが、叱りながらでなくほめながらやるようにしてください。


●「できるようにしよう」と思い過ぎずに、気長に付き合う


このようにしながら、気長に付き合ってあげてください。
気長に付き合うためには、「早く自分1人ででできるようにしよう」と思い過ぎないことが大切です。

つづく
ママノート

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP