●子どもの忘れ物で悩む2年生の先生


つい先日、ある知り合いの先生とスーパーでばったり会って、立ち話をしました。
その先生は今2年生を受け持っているのですが、子どもたちの忘れ物が非常に多くて困っているそうです。


第3回の『「2年生だから」を最優先にすると苦しくなる』でも書きましたが、1年生のときに比べて、2年生は忘れ物がぐんと増えるという事実があります。
http://mamanote.jp/news.html?id=693


その忘れ物について、親の中にはこう考える人がけっこういます。
「忘れ物をすれば自分が困るだろう。自分が困れば、それに懲りて直すだろう」


これを私は自業自得方式と呼んでいますが、実際にはこれで忘れ物が減るということはありません。
私はこれで直った子を見たことがありません。
もし本当にそれで直るなら、忘れ物をする小学生はすぐにいなくなるはずですよね。


●自業自得方式で忘れ物が減ることはあり得ない


実際には、忘れ物の多い子を自業自得方式で放っておくと、ますます忘れ物をするようになります。
すると、ますます先生に叱られることが増えます。
友達にも何かしら言われます。


「え、また、線引き忘れたの? ちょっとだらしないんじゃない? 今回は貸してあげるけどさ、この次はもう貸してあげないからね。もっとしっかりしなきゃダメじゃん」
これくらいのことは言われるでしょう。
すると、子どもの自己肯定感はボロボロになってしまいます。


●忘れ物をすると授業に集中できない


また、授業で使う物を忘れると、子どもの授業への集中度は一気に下がります。

つづく
ママノート

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP