●疲れて玄関のドアも開けられなかった1年生の子

 
これはあるママさんに聞いた話です。
ママさんはスーパーで買い物中に、1年生のわが子が2,3人の友達と下校しているところを見ました。
強い日差しの中を歩いているのを見て、「そうだ、大好きなオレンジジュースを飲ませてあげよう」と思いついて買い足しました。

 
マイカーで帰宅する途中にも歩道を歩く子どもたちの横を走り抜けました。
「うちの子なんだかフラフラしてるな」と感じましたが、大して気にも留めずに帰宅しました。
そして、オレンジジュースを冷やして子どもを待っていましたが、いつまでたっても帰ってきません。

 
「おかしいなあ・・・。どうしたんだろう。寄り道でもしてるのかな」と思いながらも、またしばらく待っていました。
でも、いつまでたっても帰ってきません。
それで、迎えに行くことにして玄関のドアを開けようとしました。

 
ところが、いつもは何の抵抗もなく開くドアがものすごく重いのです。
ドアの外に何か荷物のようなものが置いてある感じです。
そして、ちょっと開いたドアから外を見て、びっくり!
そこには、カバンを背負ったまま丸くなって眠りこけるわが子の姿があったのです。
おまけに玄関にたどり着く前に庭の小池に落ちたらしく、片方の靴と靴下が濡れていました。

 
すでに体力と気力を使い果たし、玄関を開ける力も残っていなかったのでしょう。
やっと玄関までたどり着いてほっとした瞬間、睡魔に勝てなくなったのかも知れません。
「半分寝ながら歩いていたのかも・・・。危ないなあ。これからしばらく迎えに行った方がいいかも・・・」
ママさんはなんだか心配になってきました。
 
 
●家でリラックスして英気を養えば学校でがんばれる

 
5月下旬や6月初旬に運動会を行う学校が増え、その場合5月のこの時期は練習の真っ最中です。

つづく
ママノート

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP