●共感できる人はよい人間関係をつくれる


職場の同僚が次のように言ったとします。
「ホントに仕事が多すぎよね。課長ったら、アンケートのまとめも私にやれって言うのよ。これ以上できるわけないじゃない。暑いし…。あ~、やる気が出ない」


これを聞いたあなたは何と答えるでしょうか?
次のAとBのどちらに近いですか?



「何言ってるのよ。仕事なんだから仕方ないでしょ。お給料もらってるんだから、文句なんか言ってないでちゃんとやらなきゃダメよ」



「ホントにそうだよね。やることが多すぎるよ。今でもたくさん抱えてるのに、これ以上は無理よね。おまけにこの暑さ。私もやる気ゼロ。あなたも大変だね」


ほとんどの人はBに近いと思います。
Aは百パーセント正論で共感がゼロです。
いつもAのように答えていたら、同僚とよい人間関係を築くことはできません。
Bは同僚の愚痴を共感的に聞いています。
日ごろからこのような答え方が多い人は、同僚とよい人間関係をつくっていくことができます。


●ほとんどの親は子どもの愚痴に共感できない


では、子どもが次のように言ったらどうでしょう?
「宿題が多すぎだよ。うちのクラスの先生、たくさん出し過ぎ。こんなにできるわけないじゃん。暑いし…。あ~、やる気出ない」


これを聞いたあなたは何と答えるでしょうか?
次のAとBのどちらに近いですか?



「何言ってるのよ。宿題なんだから仕方ないでしょ。それが子どもの仕事なんだから、文句なんか言ってないでちゃんとやらなきゃダメよ」



「ホントにそうだよね。宿題が多すぎるよね。他にもやることがたくさんあるのに、これ以上は無理よね。おまけにこの暑さ。子どもも大変だね」


今度は、ほとんどの人がAに近いと思います。
Aは百パーセント正論で共感がゼロです。
いつもAのように答えていたら、子どもとよい人間関係を築くことはできません。
Bは子どもの愚痴を共感的に聞いています。
日ごろからこのような答え方が多い人は、子どもとよい人間関係をつくっていくことができます。


●子どもこそが一番よい人間関係をつくるべき相手


職場でも家庭でも、それ以外のどこにおいても、人間関係をよくすることは本当に大切です。
人間関係がよければ大概のことはうまくいきます。
人間関係がよいことが人生の幸せに直結するのです。
そして、人間関係をよくする上で一番大切なのが相手の話を共感的に聞くということです。
共感力のある人はどこでもよい人間関係をつくれるのです。


ところが、ほとんどの人は職場の同僚には共感できるのに、子どもには共感できません。
その一つ理由は、前回も書いたように、圧倒的な権力者である親という立場にアグラをかいているからです。
もう一つは、「しつけなければ。指導しなければ」という気持ちが優先されるからです。


でも、本当は子どもこそが一番よい人間関係をつくるべき相手なのです。
職場の同僚よりもはるかに大切な相手です。
ですから、これからはもっと子どもに共感してあげてください。


つづく
学研キッズネット

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP