あるとき、少年野球チームの監督の話を聞く機会がありました。その人は私の講演を主催してくれたPTAの役員さんで、講演の前後に控え室で話したのです。
そのチームは県大会の常連で、その人は名監督として地元ではかなり有名な方のようです。


●下手なコーチは5Wで叱る


あるとき、少年野球チームの監督の話を聞く機会がありました。
その人は私の講演を主催してくれたPTAの役員さんで、講演の前後に控え室で話したのです。
そのチームは県大会の常連で、その人は名監督として地元ではかなり有名な方のようです。

いろいろな話が出ましたが、中でも「下手なコーチは5Wで叱る」という話が特に興味深かったです。

次のような話です。


●5Wで言われても子どもはどうしていいかわからない


野球の守備の練習で子どもがゴロをトンネルしたとき、下手なコーチは「何やってんだ!」と叱ります。

打席に立った子どもが空振りをしたとき、下手なコーチは「どこ見てる!」と叱ります。

「何やってんだ!」の「何」は英語の「what」であり、「どこ見てんだ!」の「どこ」は「where」です。

何かができないときは「なんで○○できないんだ!」と叱り、これは「why」です。
子どもの行動が遅いときは「いつになったらできるんだ!」と叱り、これは「when」です。

よそ見をして話を聞いていない子がいるときは、「誰だ! 話を聞いていないのは」と叱り、これは「who」です。

このような5Wで言われても子どもはどうしていいかわかりません。
具体的な改善点がわからないのです。
当然、子どもたちはいつまでもできるようになりません。


●指導力のあるコーチは具体的かつ明確に言う


指導力のあるコーチは5Wを使わずに、子どもにして欲しいことを具体的かつ明確に言います。
ゴロが捕れない子には「腰を落として捕ろう」と教え、空振りする子には「ボールをよく見て」と教えます。

何かができないときは、具体的に「○○して」と指示します。

行動が遅いときは「3分でやろう。用意、始め」「9:30までにやっておこう」など、具体的に時間を示します。

よそ見をして話を聞いていない子がいる場合は、「目をこちらに向けて聞こう」と指示します。

万事につけて、子どもがやるべきことを具体的かつ明確に教えます。
ですから、子どもたちはだんだんやり方を覚えてできるようになっていきます。


●親も5Wで叱っている


私はこの監督の話を聞いて、子育て中の親にもまったく同じことが言えると思いました。

親は、子どもが玩具を落としたら「何やってんの!」と叱り、物をなくせば「どこへやったの!」と叱ります。

文章問題ができなければ「なんでできないの!」と叱り、なかなか寝ないでいると「いつまで起きてるの!」と叱ります。

テーブルを拭き忘れると「誰なの!テーブルを濡らしたのは!」と叱ります。

このように親はよく5Wを使って叱るのですが、それには理由があります。


●5Wは子どもを困らせるため


親は子どもの望ましくない行動を見てイライラしてストレスが溜まります。
そのストレスを取り敢えず降ろしたくてたまらないのです。

しかも、ただ降ろすのでは気が済みません。
自分をイライラさせている相手にも相応のストレスを与えないことには気が済みません。

それで、相手を詰問して、相手が困るのを見て溜飲を下げたいのです。
ただシンプルに「○○して」と相手に指示を出すだけでは気が済まないのです。

子どもは5Wで聞かれると答えに窮して困ります。
それを見て親は溜飲を下げます。


つづく
学研キッズネット


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP