今回の相談

子どもがリビングで勉強したがります。私はそのほうがいいと思うのですが、あるママ友は「勉強は自分の部屋でやったほうが集中できる。小さい時からそういう癖をつけたほうがいい」と言います。リビング学習の長所と短所について教えてください。それと、リビング学習で気を付けることはありますか?
相談者・セブンエイト さん(小学2年生 女子)


【親野先生のアドバイス】

セブンエイトさん、拝読しました。

リビングやダイニングで勉強する子は多いですね。「お子さまがどこで勉強しているか?」を伺ったアンケート記事によりますと、小学生の半分以上はそうしています。

その長所としては、まず、子どもが安心して勉強できるということがあります。というのも、子どもは基本的に怖がりであり、一人で部屋にいると不安を感じて集中できないことがあるからです。たとえば、窓の外で木がザワザワ動いただけで、「何かいるのかな? 怖い」と感じたりします。これでは勉強どころではありません。その点、家族の気配がする場所なら安心して勉強できます。

次に、勉強への取りかかりを促しやすいという点があります。一人で部屋にいてはいつまでも勉強に取りかからないかもしれませんし、途中で飽きて遊びほうけてしまうかもしれません。

また、わからないことがあったとき保護者にすぐ聞くことができます。
保護者のかたもすぐヒントを出したり教えたりすることができます。
がんばってできたときにすぐ保護者に見てもらうこともできます。
保護者のかたもすぐにほめてあげることができます。

実は、このようにやったものをすぐ見て、ほめてあげるということが、子どもの勉強へのモチベーションを上げるうえでとても効果的なのです。また、学習内容の定着という点でも大きな効果があります。
これを教育心理学では即時確認の原理と言います。
時間が経てば経つほど、ほめられたときのうれしさは減退します。何時間も経ったあとだと、子どもはもう別のことに意識が向いているので、今さらほめられてもそれほどうれしくないのです。
間違っているところがあったら、すぐ教えてやり直させることもできます。まだ子どもの頭の中にメモリーが残っている状態ですから、再度立ち上げやすいのです。
これも、学習内容の定着につながります。

これらのことを一言で言えば、親子でコミュニケーションをしながら、触れ合いを楽しみながら、保護者の愛情を感じながら勉強ができるということです。
このようなリビング学習の長所を生かせば、子どもは勉強が好きになりますし、当然学力も上がります。

では、短所や注意点としてはどのようなものがあるでしょうか?
最大の注意点は、保護者の否定的な言葉が多い場合、今挙げたような長所がすべて短所に替わってしまうということです。

たとえば次のような言葉です。
「そこ間違えているでしょ。何度言ったらできるの?」「もっと丁寧に書かなきゃダメでしょ。もう一度やり直しなさい」「もっとちゃんと問題を読まなきゃダメでしょ」「きちんと繰り下がりを書かなきゃダメでしょ」。
↓↓↓↓↓
親野智可等のHP