●名前を丁寧に書くとミスが減る


子どもは、足し算、引き算、かけ算、わり算などの筆算で、やり方はわかっているのにケアレス・ミスで間違えることがよくあります。
これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?


まず最初に書く字を丁寧に書くと、その後も丁寧になるのでミスが減ります。
つまり、テストなら名前や1問目の答を丁寧に書くようにさせるのです。
ですから、日ごろから「テストの時は、今まで書いたことがないくらい最高に丁寧な字で名前を書こう。そうすると気持ちが落ち着いてミスが減るよ」と言っておくといいでしょう。


●お助け数字を必ず書く


繰り上がりや繰り下がりで書く数字のことを補助計算とか補助数字などといいます。
これを子ども向けに言い換えたものが「お助け数字」です。
日ごろからお助け数字を必ず書く習慣をつければケアレス・ミスが減ります。
子どもは手っ取り早く暗算でやろうとしますが、これがケアレス・ミスの原因になります。


ノートや宿題のプリントなど、日ごろから子どもがお助け数字を書いていたら必ずほめるようにしましょう。
お助け数字1つ1つに丸をつけてあげのも効果的です。


●間違えやすい数字に気をつける


数字の写し間違いもよくあるミスです。
子どもは自分が書いた字を読み間違えてしまうことがよくあります。
それで計算の途中から間違えたり、あるいは答を書き写すときに間違えたりします。
もともと間違いやすい数字というものがあるので、それを教えてあげるとミスが減ります。
例えば、0と6、1と6、1と7、2と3、3と5、5と6、7と9などです。


この他にも、本人の書き癖で読み取りにくい数字もあります。
これについては、ノートや問題集を見て分析してみましょう。
「1」という数字を書くとき、一度右上に短く上げてから縦の線を書く子がときどきいます。
これは「7」や「2」と間違えやすいのでやめましょう。
こういったことを、子どもが意識しているか否かでかなり違ってきます。


●大きい字で筆算を書く


テストのときに、小さな字でちょこちょこっと書いて筆算する子がいます。
字が小さいと自分で書いた数字を読み間違えることもあり、これがケアレス・ミスの原因になります。
日ごろから、ある程度大きな字で筆算をする習慣をつけることが必要です。


そのためには、ある程度大きいマスの方眼ノートを使いましょう。
そして、テストのときも堂々と大きな字で筆算を書くように教えて、それが実行できていたらほめるようにします。


●筆算が終わったら線で囲っておく


高学年などで問題の数が多い場合、筆算もたくさんやらなければなりません。
すると、狭いところに無理に書くことになり、先に書いた計算やメモとの境目がわからなくなって数字がごちゃごちゃしてきます。


その結果、その問題に関係のない数字を計算に入れてしまうということが起こります。
これを防ぐためには、一問終わったらそれに使った筆算やメモは線で囲って区切りをつけておくと効果的です。


●ミニ定規を使う


加減乗除のどの筆算でも必ず横線を引きます。
ミニ定規を使ってこの横線を引くようにするといい効果があります。
ミニ定規を使えば横線がきれいに引けます。
横線がきれいに引けると、不思議なもので、数字も丁寧に書くようになるのです。
この丁寧さがケアレス・ミスの予防につながります。

初出「ママノート」

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP