●子どもは叱ってくる相手に不信感を持つ


前回、否定的に叱り続けることの弊害として、子どもは自己肯定感が持てなくなるということを書きました。
今回は弊害の2つめです。


「また○○してない。○○しなきゃダメでしょ。何度言ったらできるの?」
「何やってるの?どんどんやらなきゃダメでしょ。あなたのために言ってるのよ」
このような否定的な叱り方をされていると、子どもは叱ってくる相手に不信感を持つようになります。


●不信感は無意識のうちに育つ


親に叱られ続けている子は、「お母さんはボクのことをダメな子だと思っている」「お父さんはわたしのことなんかあまり大切に思ってくれていない」「お母さんはボクのこと嫌いなのかも。あまり愛されていないのかも」と思うようになります。


先生に叱られ続けている子は、「この先生、わたしのことをダメな子だと思っている」「この先生は、わたしのことあまりよく思ってないな」「この先生はボクのこと嫌いみたいだな。いいよ。ボクだってこんな先生なんか嫌いだよ」と思うようになります。


このような認識は無意識のうちに進行し、子ども自身も気づかないうちに親や先生に対する不信感が心の中を占めるようになります。


●どんな指導も、子どもとの人間関係がよい状態で初めて可能になる


もちろん、親も先生もその子のために言っているのであり、愛情があるからこそ言っているのです。
でも、否定的な言葉だと子どもは正反対のものを受け取ることになります。
親や先生の愛情が実感できないまま、愛情不足といわれる状態になってしまうのです。


親や先生に「ダメな子だと思われている。嫌われている。大切にされていない」と感じた子は、心を閉ざしてしまい、言われたことが素直に聞けなくなります。
叱れば叱るほど逆効果で、ますます反発するようになります。
そして、だんだん親や先生を困らせる行動が増えてきます。


すると、親や先生がますます叱り、それによって子どもはますます反発する…、という悪循環に陥ります。
このような状態になってしまうと、子どもを指導することなど不可能です。
どんな指導も、子どもとの人間関係がよい状態で初めて可能になるのです。


つづく
フォレスタネット
↑↑↑↑↑
この「フォレスタネット」というサイトは、学校の教員に対する授業支援、コミュニティ支援及び業務支援を目的とするサイトです。
教育関係者のみ登録できるサイトでありまして、教育関係者以外の読者のみなさんには、大変申し訳ありませんが、続きをお読みいただくことができません。
あしからずご了承ください。


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP