今回の相談

 親バカで恐縮ですが、うちの娘は算数と運動がよくできて、性格も明るくてあいさつもよくします。
 それで、先日あるお母さんにこの3つのことをほめられたのですが、私は「でも、家ではだらしがないんですよ。お手伝いも2、3回叱られてやっとやるんです」と答えました。それを聞いていた娘に、あとで「なんであんなこと言うの?」と反発されてしまいました。
 こういうとき何と答えたらいいのか迷います。「本当にそうなんですよ。算数も運動もあいさつもできてうれしいです」なんて言えないし……。下手に答えて「自慢している」と思われて、ママ友関係がまずくなるのは避けたいです。
相談者・こっこ さん(小学4年生女子の保護者)


【親野先生のアドバイス】

こっこさん、拝読しました。

なるほど、このようなときの答え方は意外と難しいですね。たしかに、謙譲の美徳という言葉がある日本の社会では、「本当にそうなんですよ。算数も運動もあいさつもできてうれしいです」とは言いにくいでしょう。
これが、もし自分のことをほめられたなら、「ありがとうございます。そう言っていただけてうれしいです。でも、私は○○が苦手でぜんぜんできなくて……」と謙遜すればことは済みます。
また、子どもがいないところなら、子どものことで謙遜することもできます。そのとき、冒頭で「初めてそう言われました。いいところを見つけてくれてありがとうございます」と言えば相手も喜びます。

でも、ほめられたのが子どもで、その本人が一緒にいる場合はけっこう難しいです。もし、次のように謙遜して言ったらどうでしょう?
「でも、うちでは弟を泣かせてばかりでけっこう意地悪なんです。もっと優しいお姉ちゃんになってくれるといいんですが」。
「でも、うちでは本当にわがままで困っているんです。外ではいいみたいなんですけど」。
「あいさつできるのはいいんですが、お調子者でけじめがつかなくて……」。
もちろん保護者は謙遜のつもりで言うのですが、聞いている子どもは「お母さんは私のことをそんなふうに思っているんだ」と思って傷つきます。
謙遜すればするほど、子どもに対してひどい言葉になることもあります。

では、どう言ったらいいでしょうか?
とにかく、まずは、ほめてくれた相手の気持ちを受け入れて、共感することが大事です。いきなり「でも……」と跳ね返されてしまうと、相手としてはせっかく善意の気持ちでほめたのに、ほめたかいがなくなってしまいます。
ですから、まずは「ありがとうございます。そう言っていただけてうれしいです」と返しましょう。あるいは、子どもに向かって「よかったねえ。ほめられたね。うれしいね」と言い、一緒に喜ぶことで善意の気持ちに応えるのもいいでしょう。
これなら、相手もほめたかいがあります。

それで終わってもいいのですが、もし謙遜したい場合は、保護者が自分のことを謙遜するほうに話を持っていく方法があります。
「ありがとうございます。そう言っていただけてうれしいです。でも、親の私は算数や数学が苦手で苦労したんですけどね。中学校や高校のときはとても苦労しました。本当に、分数の計算とか苦手でしたよ。そう言えば、高校の時は赤点取りましたよ」。
これなら、自慢していると思われることもなく、子どもを傷つけることもありません。
↓↓↓↓↓
親野智可等のHP