今回の相談
 
子どもがミュージカルのオーディションを受けたとき、「落ち着かない。自信がない。落ちるかも」と言っていたので、「がんばって練習してきたんだから大丈夫だよ」と励ましました。
そうしたら、「お母さんは私の気持ちを何もわかってくれない」と言われて、ショックでした。
 

もうすぐ高校受験なのですが、子どもはまた「自信がない」と言いだすかもしれません。うまく励まして緊張をほぐすにはどうすればよいのでしょうか?
(カンテラ さん:中学3年生女子)





【親野先生からのアドバイス】


カンテラさん、拝読いたしました。


受験を控えた我が子が不安を訴えてきたとき、どんな言葉を返せばよいのでしょうか? 
保護者としては悩みますね。
よくあるのは、次のような励ましです。


・大丈夫だよ。今までがんばって勉強してきたんだから。
・努力は必ず報われるよ。実力があるんだからきっと受かるよ。
・模擬テストの偏差値で合格範囲だから大丈夫だよ。


または、次のようなアドバイスをするかもしれません。


・会場で緊張したら、目をつむって深呼吸するといいよ。
・軽いストレッチをすると緊張がほぐれて落ち着くよ。
・目をつむって「ああ、自分は落ち着いている、落ち着いている」「冷静だ、冷静だ」「できる、できる」と心で思っていると、実際に落ち着くよ。
・できることはやったんだから、あとは当日全力を尽くせばいいんだよ。結果は天に任せよう。


保護者は一生懸命考えて、これらの励ましやアドバイスをします。ところが、こういう励ましやアドバイスが子どもの心の中に入っていかないことが多いのです。


なぜなら、このとき子どもが欲しいのは励ましやアドバイスではないからです。
このとき子どもが欲しいのは、共感なのです。


つまり、自分がどれくらい大変な思いでいるか、どれくらいつらい気持ちでいるか、それをわかってもらいたいのです。

ですから、励ましやアドバイスの前に、子どもの話を共感的に聞いてあげることが大切なのです。


「落ち着かない。私、自信がない。落ちるかも」と言ってきたら「落ち着かないね。試験の前ってイヤだね。早く終わってほしいよね」と共感してあげましょう。
すると、子どもはもっと愚痴をこぼせます。そうしたら、それにもすべて共感してあげてください。


保護者がたっぷり共感しながら聞いてあげれば、子どもは自分の不安な気持ちをたっぷり吐き出すことができます。
すると、子どもは「お母さん・お父さんは私の気持ちをわかってくれる。自分がどれくらい大変な思いでいるかわかってくれる」と感じることができます。


これによって、子どもの不安な心が安らぎます。
↓↓↓↓↓