今回の相談
 
お兄ちゃんはマイペースでだらしがなくて、おまけに弱虫で妹とけんかしても負けます。
反対に、妹はせっかちで、でしゃばりで、生意気でいばりんぼう、おまけに言い付けが多いです。
このように、子どもの短所ばかりが目についてしまい、いいところが見つかりません。(舞子 さん:小学2年生 男子、保育園年長 女子)


【親野先生からのアドバイス

舞子さん、拝読いたしました。

舞子さんは、自分で「子どもの短所ばかりが目についてしまい、いいところが見つかりません」と書いていらっしゃいます。ということは、自覚があるということですね。
自覚しているのはすばらしいことです。自覚しないまま、子どもの短所を叱ってばかりの人がとても多いのが現実ですから。
では、その自覚の上に立って、さらに子どものよさを見られるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
これについて、おすすめなのがリフレーミングという手法です。

人は誰でも一定のフレーム(枠組み)で人や物事を見ています。
リフレーミングとは、自分のフレーム(枠組み)を一回こわして、まったく新しいフレームで見てみるということです。

たとえば、お兄ちゃんは「マイペースでだらしがなくて、おまけに弱虫で妹とけんかしても負けます」とのことですが、これは舞子さんの今のフレームではそう見えるということに過ぎません。これが絶対的な事実というわけではないのです。
別のフレームを持っている人が見れば、まったく別の見え方になります。もちろん別の人になることはできませんが、別のフレームで見ることはできます。そして、フレームを変えて見方を変えれば、短所に見えたことが実は長所かもしれないということに気付くことができます。

たとえば、「マイペース」というのは、他人に左右されずに自分のペースで生きられるということです。これは、長い人生を生きていくうえで非常に大切なことですから、長所でもあるのです。
「だらしがない」というのは、細かいことは気にしない大らかさがあるということです。こういう人だと、周りの人が安心して安らかに生活できます。
「弱虫で妹とけんかしても負ける」というのは、きっと優しい子なのではないでしょうか? 人と争ったり攻撃したりしたくないのでしょう。全体的に、温かみ・穏やかさ・優しさを感じさせる子ですね。こういう子なら、将来、仕事でも家庭でも、よい人間関係の中で気持ちよく生きていけると思います。

そして、妹は「せっかちで、でしゃばりで、生意気でいばりんぼう、負けるのが嫌いで、おまけに言い付けが多い」とのことです。