これまで、否定的な言葉で叱ることの弊害について、3つのポイントをお話ししてきました。
では、否定的な言葉で叱らなくても済むようにするには、どうしたらいいのでしょうか。
私がオススメしたいのは「合理的な工夫」と「言葉の工夫」です。


まず、一つ目の「合理的工夫」についてお話をしたいと思います。
合理的工夫というのは、生活習慣でも、勉強でも、なかなかできないことができるように親が工夫をしてあげる、ということです。


今から、主に勉強面に関してのアドバイスを中心にお話をしますが、よくお母さんたちから、「ウチの子、なかなか宿題をやらないんです。どうしたらいいでしょうか?」といった相談を受けます。
学校や学童から帰ってきても、なかなか勉強を始めないのです。
そして、散々、親に叱られて、夜、泣きながらやるんですね(笑)。


これはどんなに叱ったって改善されません。
一番よいのは勉強に取り掛かりやすくするために「ハードルを下げてあげる」ことです。
取り掛かりやすくしてあげることで、勉強を少しでも始めるようになれば、もう、半分、終わったものというふうに考えるといいでしょう。


そのためには色々な方法があります。
私は長年、メールマガジンをやっていますが、その読者がとてもよい方法を教えてくれましたので、一つ紹介したいと思います。


●ランドセルの中身を全部出して、“見える化”する


その読者は低学年の男の子がいる親御さんでした。
もともと、その男の子は学校から帰ってきて、玄関の扉を開けると、ランドセルをポーンと放り込んでそのまま遊びに行ってしまっていたそうです。
まだ日のあるうちに遊びに行くわけですから、それはそれで悪いことではありません。


ただ、その子が問題だったのは、遊びから帰ってきても、いつまで経っても宿題を始めないということでした。
遊びから帰ってくると、いつまでもダラダラしてばかり。
最終的には、お母さんに散々叱られて、毎晩のように泣きながら宿題をやらされていたそうです。


「どうやったら、わが子に宿題をちゃんとできるようになってもらえるのだろうか」。
これがそのお母さんの大きな悩みとなっていました。
ところが、ある日、家事を終えてボーッとしていたときに、パッとアイデアがひらめいたそうです。


それは、本当にごく簡単なことでした。
玄関にランドセルが2つ入るくらいの箱を置くことにしたのです。
深さは5~6センチメートル。
つまり、広くて浅い箱ですね。


そして、学校から帰ってきたら、遊びに行くのはいいけれども、その前に、用意した箱の中にカバンの中身を全部出すように約束したのです。
子どもはそれで遊びに行けるのですから、「それくらいならできるよ!」と快諾してくれました。

つづく
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=9662

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP