「うちの子、担任に嫌われているみたい」と言うママはときどきいる。
一方から話を聞くだけでは真相はわからないが、少なくとも子ども本人、あるいは親が「先生に嫌われている」と感じていることは確かなこと。


では、実際に「子どもが先生に嫌われる」と感じるのには、どんな理由があるのだろうか。
教育評論家の親野智可等(おやのちから)先生に聞いた。


「子どもが先生に嫌われていると感じることはよくあります。
子どもの思い過ごしという場合も実は多いのですが、嫌われると感じる理由もさまざまにあります」(親野先生 以下同)


親野先生は、考えられる代表的な理由を以下に挙げてくれた。


1、先生自身の人間性によるもの

先生自身がマイナス思考だったり、何かと否定的だったり、言葉がキツかったりするケース。
この場合、クラスの子どもみんなが同じように「自分は嫌われている」と感じることも多い。


2、担任の先生とウマが合わないこと

「上の子と自分は気が合うけど、下の子は難しい(あるいはその逆)」など、親子関係においてすら「ウマが合う・合わない」というのはあるもの。
その場合、先生が意地悪をしようと思っていなくても、子どもは嫌われていると感じることがある。


3、先生が非常に熱心で「しつけ」主義

熱心すぎる先生の場合、だらしのない子、手のかかる子はどうしても叱られる機会が増えてしまう。


4、実際に嫌われている

先生が人間的に未熟で、実際に特定の子に対して冷たかったり毛嫌いしたりすることもないではない。


5、単なるボタンのかけ違い

先生にも子どもにも何の問題もないが、「元気がないときに、ちょっとした一言でグサッときた」など、たまたまのタイミングの悪さやボタンのかけ違いで、誤解が生じる場合も。


6、子ども自身が被害妄想的

何かにつけて思い込みが強いタイプの子もいる。
そうした場合、ちょっとした一言や、注意による睨みだけで、「自分は嫌われている」と感じてしまう。


●友達やそのお母さんなどから、まずは情報取集を


実際には、本当に我が子が先生に嫌われているのかどうかわからない。
しかし、親にとってはやっぱり気になるもの。
では、どうすれば?


「本人の話だけでは客観性に欠けるので、まずは情報収集をしましょう。
友達や友達のお母さんに『うちの子、最近元気がないみたいだけど、学校で何かあったのかな?』『先生に嫌われているって言うんだけど…』など聞いてみるのも良いと思います」


つづく
https://mama.bibeaute.com/article/54703/


親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP