●一問やっておくと見通しが付く


前回は、取り敢えず準備方式を紹介しました。
今回は、それをもう一歩進める方法で、名付けて取り敢えず一問方式です。
つまり、子どもに次のように言うのです。


「先に遊びに行ってもいいよ。
休憩してもいいよ。
でも、その前に、算数プリント一問だけやっておこう。
漢字書き取り一字だけ書いておこう」


一問やるとき、他の問題を全部隠して一問だけ見てやるということはあり得ません。
当然、全体が目に入ります。
つまり、全体量がわかり、終わりが見えるのです。


言い換えると見通しが付くということです。
これによって、本格的に取り掛かるときのハードルがグンと下がります。


●見通しが付くとやる気が出る


これは、大人の仕事においても言えることです。
何か仕事をしていて、見通しが付かないときは大変です。
全体量が分からない。
現在地も分からない。
後どれだけやればいいのか、まるでわからない。


こういうときは、本当に大変です。
終わりが見えて、見通しが付いたとき、気持ちが楽になります。
すると、やる気が湧いて、さくさく進むようになります。
宿題・勉強もまったく同じです。


●夏休みは朝食の前に一問


実際にやっている家庭によると、一問やるとき軽くスイッチが入るので、そのまま二問、三問、半分、あるいは全部やってしまうということもときにはあるそうです。
でも、これはおまけです。
取り敢えず一問だけでもやっておけば、ハードルが大いに下がるのです。


ちなみに、夏休みには朝の涼しい時間帯に勉強すると思いますが、その前に、朝食を食べる前に取り敢えず準備したり一問やったりしておくといいでしょう。

初出「ママノート」学研

親野智可等のメルマガ
親野智可等の本
遊びながら楽しく勉強
親野智可等の講演
取材、執筆、お仕事のご依頼
親野智可等のお薦め
親野智可等のHP