今回の相談
 
 中1の男子ですが、部活をやめたいと言っています。部活をやめると勉強もしなくなるという話を聞いたこともあり、わたし(母親)としては続けたほうが良いように思います。
 でも、父親は、部活をやめれば勉強ができるようになると言います。部活と勉強の関係について、どのように考えたらよいでしょう? (パナソニ さん:中学1年生男子)


【親野先生からのアドバイス】

パナソニさん、拝読いたしました。

本人はなぜ部活をやめたいのでしょうか? まずは、それを知る必要がありますね。
そのためには、本人の話を共感的に聞いてあげることが大切です。
「何言ってるの? やめられるはずないでしょ」とか「ダメ、ダメ、ちゃんと最後まで続けなさい」などのように門前払いしてしまうと、子どもは自分の気持ちを話せなくなります。
親に共感的に聞いてもらえれば、子どもはたっぷり話せます。自分の中にあるものを全部出すことができるのです。すると、それだけで、「もうちょっとやってみる」となることもあります。
また、そうならないときも原因がはっきりします。本人にもはっきりしますし、聞いている親にもはっきりします。すると、対応方法も考えやすくなります。

ところで、部活と勉強の関係ですが、部活をやめれば勉強ができるようになるとは限りません。逆に、部活をやめると勉強もしなくなると断言することもできません。
たとえば、楽しく部活に取り組んでいて、それが生き甲斐やストレス解消になっている子もいます。そういう子は、部活のおかげで生活に張りが出て、それで勉強も何とかがんばれているのです。その場合、部活をやめれば勉強もがんばれなくなるかもしれません。
反対に、部活を嫌々やっている子は、それがストレスになっていることもあります。その場合、部活をやめても特に勉強に影響はないかもしれません。
あるいは、ストレスがなくなって勉強に励み出すということもあるかもしれません。
また、もともと勉強も部活もがんばっているという子もいます。そういう子の場合は、3年生で部活を引退することで勉強に集中する時間が増え、急に成績が上がることがあります。
また、○○高校に入るためにしっかり勉強したいなど、本人の目的意識が極めて明確で、それで部活をやめて勉強に励むなら成績が上がる可能性はあります。

このように、その子の状況に応じて変わってくるので、ケース・バイ・ケースということになります。つまり、部活をやめれば勉強ができるようになることもあり、かえってできなくなることもあり、あまり影響がない場合もあるということです。

ただ、私は思うのですが、この年代では、何でも良いので一つ本人が熱中して取り組めるものを持てるようにしてあげることが大切です。親としては勉強に熱中してくれれば一番良いと思うかもしれませんが、もちろん部活でも良いのです。
でも、最近は一つの中学校にある部活の種類が減っているので、やりたい部活がないという子も増えているようです。その場合、勉強はやる気になれないし、かといって部活に燃えることもできないということになります。